英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2013年12月31日

2013年の御礼

今年1年の御礼は、Lang-8に出し切りました。
手抜きだけど、添削後の英語日記をコピペります。

lang-8nikki_1229.bmp


So many things happened in my family this year.
First, my eldest daughter started to live by herself.
Second, I became a teacher again.
Third, my son went abroad for the first time in his life.
And lastly, I experienced my first meetup with some online friends.
All of my family members experienced so many changes all through this year.


On the other hand, I feel that I'm full of gratitude this year.
Although I didn't pass the 1st grade Eiken test yet, each of my family members achieved at least one big thing.
My husband was transferred to a better workplace than the previous year.
My eldest daughter manages to live by herself.
My son is doing well in the drama club, which enhanced his communication skills a lot.
My youngest daughter is getting proactive little by little.
My mother finally allowed me to go to work regularly, and I got the current job.


About the use of SNS, I feel a huge gap between those who love to express themselves on the Net and those who just enjoy their real life.
The toughest thing for me is that I need to pretend I don't use Twitter or other SNS services.
That's because schools generally tell students to be modest Internet users, which made me think of quitting my Twitter a month ago.
Still, I chose to change my account and continue it with less interaction than the previous one, in order to keep in touch with my precious online friends who spur me to study English hard.


Studying used to be considered a lonesome work, but SNS has completely changed the studying concept recently.
In other words, SNS has made studying a kind of fun; we can share our secrets with those who have similar interests on the Net anytime we want!
To tell you the truth, I am one of them who are saved and encouraged by online friends.
I really want to, need to say thank you to them not on the Net but in person.
Next year, I will be aiming to attend more meetups than this year.


☆日本語版は 「続き」 にて。


続きを読む
ラベル:年末 年越し 御礼
posted by しば at 07:18| 茨城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

久しぶりに、英語特化別館を更新!

iKnow! 進捗の画像もできてるから、そっちを先に書くのが筋なんだけど、今日は、なんだかヘンなノリになって、英語特化別館 をがんばった。

eigokakekomidera_topaisatsubun.bmp

とってもたくさん、想いをこめてしまったんで、以下、原文コピペ。



【成果を上げるのは大事。だけど、成果を上げるまでの過程にも目と心を向けたいな。】

英語学習駆け込み寺 が応援するハッシュタグ 「#englishだん」及び「#洋書多読だん」は、英語に励むみなさんが、英語学習や洋書読みの取り組みをツイッターに記録したり、他の英語学習の同志と知り合うことを通して、目標達成や読了の後押しをするためのものです。
教材完走証や本一冊読了証を出していたこともありますが、寺の運営者・しば側の諸事情により、現在はよりシンプルな形の学び合いの場となっています。

いつから参加するかも、途中での休会や退会も自由、発起人(Kikkaさん:@KR_goes)への連絡等も強制ではありません。
(現にしば自身が、#englishだん や #洋書多読だん のタグをつけるどころか、こまめなツイートができていません)
特に #洋書多読だん は、単純かつ純粋に英語で書かれた本の読書を楽しみたい方達が、読み始めや読了時にツイートしていたりします。

ツイッターをはじめ、各種SNSを学習ペースメーカー的に利用することについては、賛否両論があるのは否めません。
「ちょこっと記録」だけのつもりが、タイムラインに流れるいろんな(それも学習とはかけ離れた種の)ネタに夢中になってしまっては、せっかくの学習効果も不意になってしまいます。
このようなツイッターの利用の仕方をしていたら、学習記録をネットという公共の場所に刻むことで得られる効果も、得にくくなります。
ツイッター等に学習記録をつける・つけないを問わず、学習は元来、一人でするものであり、学習を通して人と知り合うこと、友達を作ることなどは、学習の過程で生じる副産物 としばは考えます。
そして、英語に限らず、何かの学習記録をネット上につける場合は、絡むこと、絡まれることを期待せずに、【淡々、黙々と】学習ログだけを書き込み、ネットに長居をしないこと。
(余暇に相互フォロワーさんなどへのメンションをしたり、学びを感じるツイートに対してRTを入れるのはアリです。但し、あくまでも余暇に!学生の方、お勤めの方は、授業時間や勤務時間帯はツイートを控えましょう。思わぬところで足を掬われる原因となります)

「成果」・・・は、何を以て「成果を上げた」とするかは、人それぞれです。
「なんで英語やるの?」の問いの答えの数だけ、「成果」に対する価値観があることでしょう。
あなたが何を目指し、何を成すことを「成果」と考えるとしても、本を1冊読み切ることは「決めた事をやりぬける根気を養う」ための活動になり、何かを習慣的に学ぶことは「目標に向かって努力を重ねる」実践であると、しばは信じます。
ツイッターはじめとするSNSをペースメーカーに「学習過程を楽しみながら成果を上げる」コツは、短く言えばこんな感じでしょうか。

同志の存在や、たまの内緒話をやる気の糧にして、一人淡々黙々と学習に励む
posted by しば at 23:33| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

ローカル線+バスの旅。

クリスマス前の3連休。

初日の今日は、息子の終業式。
娘2の終業式は、来週のクリスマスイヴの日。

今日は、娘2が、何を想ったか、「電車で出かけてみたい」と言い出した。
2つ隣の街の高校の下見に行ってきた。

来年4月以降の事を想定して、いつもならば車で出かけるところを、あえて電車とバスで行ってみる。
バス代って、高い・・・
乗り慣れた常磐線でなく、水郡線に乗る。
内装が想像した以上にかわいかった。


目指す「2つ隣の街の高校」は、駅から徒歩30分のところにあった。
近くまで行けるバスがあるかも、ジモティーしかわかんない状態。
グーグルマップで調べると、「歩くのが一番早い」みたいな検索結果。

目指す高校まで30分どころか40分かけて歩き、そして、 「こりゃ、毎日自分一人で通えそうにない・・・」という結論に落ち着く。


今日下見に行った高校までの往路で、私のアイフォンが電池切れ。
娘2に、今日歩いた街並みを撮ってもらった。

BcAL9rACQAAFXj9.jpg

ガラケーからアイフォンにメールで送ってもらったら、元画の画素が小さかったのか、モザイクがかってる。
Cameran のフィルターを当てて、シャープネスを弱めてみたよ。
図案として面白く仕上がった。
posted by しば at 22:46| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

洋書多読のお供。

今日の記事は、どのカテゴリにするか、迷った。
読書関連だから、「読書」 ってカテゴリで書いた。
必死で読んでるのは、和書ではないんだけどね。


昨日、夜寝る前の 紙本 読書を習慣化させたくて、コイツを思い立ったように購入。


(画像は参考資料。しばは、ピンクを購入)

ネットに使われない自分になる取り組みとして、先月から始めている「夜の電子機器断ち」。
はじめは、寝る時にiPhoneやiPadを持って布団に入らない からスタート。
その後、ツイッター事故が起きて、 iPhoneやiPadからツイッターアプリを削除。
んで、「寝入りばなのツイートチェックの代わりに、何をしよう?」と考え、思い浮かんだのが、洋書読み。
毎晩読めてる訳じゃないし、布団に入って、ペーパーバック開いた途端に寝落ちることもしばしば。

紙の本の安眠力、半端ない〜〜〜 (゜o゜)


昨日購入して、早速昨夜から使用。
この どでかい ペーパーバックに挟んで使ってみたけど、見開きページ全面を十分に照らせたよ!

posted by しば at 12:46| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書/にほんご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

[自分用英語] 進撃どころか、撃沈の霜月。

iknow_studylog_1130_H25.png
iKnow! の、「1時間/週」という破格に少ない学習ノルマさえも、やっとこさのクリア。
それも、月曜未明と週末にしかやらないという無様な取り組み方。。。

11/24の日記に掲げた「朝2時起き」も、悲しいかな、成功したのは11/25の1日だけ。
前夜の段階で失敗しているのだから、無理ないか。
(前夜の段階での失敗=起きたい時間の6〜7時間前に床に就くこと。2amに起きたいのならば、前日は理想7pm、遅くとも8pmには寝ている必要があるのだ)
理想就寝時間の7pmに寝るためには、5pm台に退勤・・・を果たすか、車中泊で2amから活動始めないとヤバイので。


自己弁護くさいと言われれば否定できないが、iKnow! で忙殺撃沈してた時、今月の私は、iPhone握ってコレをやってました。

derujun_passtan_studylog_nov2013.png

アプリの 「でる順パス単」。
「今日の学習」てコマンドをタップすると、画面左下にカレンダーアイコンがあって、そこに 「毎日どれくらい学習したか」が自動で書き込まれるの。
ちょうど、iKnow!の学習記録みたいにね。
iKnow!が厳しい時でも、こっちは少し踏ん張ってみた。
コタツにもぐって解いたり、少し早めに家を出て車内で解いたり。
ホントは、紙刷り冊子でやったほうが脳にやさしいんだろうけど、ゲーマー脳は一朝一夕に古き佳き学習者の脳(アナログ教材派の脳)に挿げ替える事もできない。
せめて、「紙教材でも学習できるゲーマー」を目指すよ。


それにしても、「パソコン部」にも書いた、ツイ減(iPhoneとiPadからのツイッターアプリ削除)から2週間。
はじめのうちは、「ツイートしたくなるのをガマン」だったけど、少なくとも平日は、ツイートすることそのものをガマンできてる。
早起きの失敗率が上がったり、休日に寝だめするようになったけど・・・悪い事ばかりではない。
以下に、効能と、問題点とをまとめてみる。

【効能】
☆目の下のクマが、心持ち薄くなった
☆熟睡できるようになった (そのため、目覚ましも聞こえないが)
☆ツイッターのリプやフォロワー数などが気にならなくなった
☆痩せ期が来た!


【問題点】
★自分用英語への執着心ダウン
★おねぼうさんになった(特に休日)
★アナログ教材があまり進んでいない
posted by しば at 22:29| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

ユメカナ験担ぎ。〜「朝2時起きで何でもできる」の再実践に向けて〜

(1) 何としてでもかなえたい夢・目標があるならば、非現実的な特訓も進んで行う。

(2) 何としてもかなえたい夢・目標のためには、平和な日常や、大好きなモノを喜んで差し出して、夢・目標実現の準備時間を捻出する。


スポ根的だけど、これが、しばの ある種 「ユメカナ験担ぎ」。
(1)ではね、この本のタイトルを、ガチに実践したよ。


枝廣さんの本、今はブ●●●フでしか見かけないのだけど、電子化されたんだね。
ホントは全3巻ある。
ここにはコボ版のリンク張ったけど、キンドル版も出てるだろうか?


んで、「験担ぎ」に話を戻すと:

(1)はしょっちゅう実践はしなかったなぁ。宣言して、やり切ったのは、1度だけだ。
それが、2003年11月から、2004年2月までの4か月間
「どんだけ、10年前のTOEIC730超えが欲しかったんだよ?」て、今読んだらとてつもなくイタイ日記を書いていた。
(原文が残ってないのが幸いだ)

(2)は、春や夏の甲子園の高校野球封印、箱根駅伝封印、オリンピック封印・・・てのを、よくやった。
だけど、一番印象に残ってるのは、アクアリウムを辞めて「英語学習1000時間クエスト」に入会したことかな。
入会後1か月の時に、東日本大震災が起きて、それ以来、おさかなを飼うことそのものが怖くなってしまったのも手伝って、ホントにきっぱり辞められた。


そして今、英検ゲットに向けて、超絶なスパルタ験担ぎが必要になりつつある予感を感じてる。
平日でも4時間/日の英語座学をしたい!
「4時間/日 on weekdays 当たり前でしょ?(ドヤ)」にならないと、ガチに一生英検1級を手にできない気さえする。
往復の通勤時に英語のラジオを往路・復路とも聞けた場合、1時間半は英語インプット時間を計上できる。
でも、もう2時間半分を、いつやるの??

iknow_studylog_1123_H25.png

iKnow! だけで考えても、こんな週もあるし、

iknow_studylog_1109_H25.png

これは最悪事例。

iknow_studylog_0921_H25.jpg

これはまだ就業間もない頃だから、あんまり参考にはならない。
だけど、「iKnow! で2時間半/週 、しっかり座学する」 てのは、指針にできる気がする。
他のルーティン教材と組み合わせることで、2時間半/日の座学は、実現させられる可能性が見えてくる。


だけどね、帰宅後に座学しようとすると、力尽きて、翌朝まで水平になっちゃうことだって、あるんだよ。
だから、やっぱり、一番確実に座学できるのは、「朝」か、「夜中」だ。
夜中だと仕事に響くから、朝がいいんだけど、朝は朝で、4:30にはお弁当の仕込みを始めないと、遅刻する。
野暮用バイト時代は、4:30に起きればざっと1時間の朝活ができたんだけど、今は4:30から活動できるスキル、英語学習のためでなく、家事(お弁当仕込み)のために使わなきゃならなくなった。
それどころか、「娘2脱ひきこもり政策」のために、4時半前に布団から出る必要性が生じている。


自分用英語学習を心置きなくする事と、娘2を学校に連れて行くこと、自分が職場に間に合う事とをすべて満たすには、ありえない時間から起きるだけの覚悟と気合いが、ガチに必要なのかも。
そこに、「体調を崩さないだけの睡眠時間確保」も含めて。

2AM起床を健康的に行うには、6〜7時間前に、寝る。
2AMの6時間前は、床に入らなきゃならん時間は、前日8PM。
7時間前ならば、前日7PM。

あ、もうすぐ7:30PMになる。
おやすみなさい〜〜
posted by しば at 19:29| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[自分用英語] 全力で仕事したよ・・・

iknow_studylog_1123_H25.png
iKnow! をしっかりできたのが、日曜と、月曜(娘2の送り迎えアリ)と、土曜。
月曜は仕事あったけど、待ち時間もあったから、そこでひと勉強。
だけど、待ち時間がない曜日は、座学ゼロ。
やったとしても、起き抜けのでる順パス単とか、通勤時のラジオ聞きだけ。

ほんとに、仕事に全力尽くした。

といったら、聞こえはいいが、日本に留まっての英語学習者ってのは、英語を学んでない人が「不自然」と感じることをむしろ「常」としていないと、自分の英語を磨けない。
だから、英語に励む社会人が 「仕事に全力を尽くした」 ってのは、 「出勤前や退勤後に英語をするだけの気力・体力が残ってなかった」 が実情。
そういう意味では、日本で外国語を(習慣的に)学ぶのは、ある意味 二重生活 をすること。


退勤後の活動(=英語学習含む)は、「遊び」 なのだから、全くできない日があっても仕事には障らないさ! って自己暗示をかけても、
やっぱり、悔しいよ。
このままの学習状況で、英検1級申し込んでも、野暮用バイト時代よりも英語力伸びてるんだろうか?
でる順パス単は、iKnow!よりはサボらなかったけど、水曜と、金曜は、演習できなかった。
娘2の強制登校も、いつまで続くのかわかんないし(最長「卒業式の日まで」ということはわかっている)、 今以上の英検対策時間を積むとなると、10年前に「TOEICでBランク入りのためならエンヤコラ♫」の勢いでやっていた「朝2時起き」が、「英検1級ゲットのためなら (毎朝2時起きで学習するくらいでないと受かんないぞ)」 で現実味を帯びてくる。
ただでさえ、ツイ減(iPhoneとiPadからツイッターアプリを排除して、現アカではPCからしかツイートしないようにしてる)の陽転反応で眠くてたまんないのに・・・
ラベル:英語 自学
posted by しば at 11:14| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。