英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2013年12月30日

久しぶりに、英語特化別館を更新!

iKnow! 進捗の画像もできてるから、そっちを先に書くのが筋なんだけど、今日は、なんだかヘンなノリになって、英語特化別館 をがんばった。

eigokakekomidera_topaisatsubun.bmp

とってもたくさん、想いをこめてしまったんで、以下、原文コピペ。



【成果を上げるのは大事。だけど、成果を上げるまでの過程にも目と心を向けたいな。】

英語学習駆け込み寺 が応援するハッシュタグ 「#englishだん」及び「#洋書多読だん」は、英語に励むみなさんが、英語学習や洋書読みの取り組みをツイッターに記録したり、他の英語学習の同志と知り合うことを通して、目標達成や読了の後押しをするためのものです。
教材完走証や本一冊読了証を出していたこともありますが、寺の運営者・しば側の諸事情により、現在はよりシンプルな形の学び合いの場となっています。

いつから参加するかも、途中での休会や退会も自由、発起人(Kikkaさん:@KR_goes)への連絡等も強制ではありません。
(現にしば自身が、#englishだん や #洋書多読だん のタグをつけるどころか、こまめなツイートができていません)
特に #洋書多読だん は、単純かつ純粋に英語で書かれた本の読書を楽しみたい方達が、読み始めや読了時にツイートしていたりします。

ツイッターをはじめ、各種SNSを学習ペースメーカー的に利用することについては、賛否両論があるのは否めません。
「ちょこっと記録」だけのつもりが、タイムラインに流れるいろんな(それも学習とはかけ離れた種の)ネタに夢中になってしまっては、せっかくの学習効果も不意になってしまいます。
このようなツイッターの利用の仕方をしていたら、学習記録をネットという公共の場所に刻むことで得られる効果も、得にくくなります。
ツイッター等に学習記録をつける・つけないを問わず、学習は元来、一人でするものであり、学習を通して人と知り合うこと、友達を作ることなどは、学習の過程で生じる副産物 としばは考えます。
そして、英語に限らず、何かの学習記録をネット上につける場合は、絡むこと、絡まれることを期待せずに、【淡々、黙々と】学習ログだけを書き込み、ネットに長居をしないこと。
(余暇に相互フォロワーさんなどへのメンションをしたり、学びを感じるツイートに対してRTを入れるのはアリです。但し、あくまでも余暇に!学生の方、お勤めの方は、授業時間や勤務時間帯はツイートを控えましょう。思わぬところで足を掬われる原因となります)

「成果」・・・は、何を以て「成果を上げた」とするかは、人それぞれです。
「なんで英語やるの?」の問いの答えの数だけ、「成果」に対する価値観があることでしょう。
あなたが何を目指し、何を成すことを「成果」と考えるとしても、本を1冊読み切ることは「決めた事をやりぬける根気を養う」ための活動になり、何かを習慣的に学ぶことは「目標に向かって努力を重ねる」実践であると、しばは信じます。
ツイッターはじめとするSNSをペースメーカーに「学習過程を楽しみながら成果を上げる」コツは、短く言えばこんな感じでしょうか。

同志の存在や、たまの内緒話をやる気の糧にして、一人淡々黙々と学習に励む
posted by しば at 23:33| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。