英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2013年11月30日

[自分用英語] 進撃どころか、撃沈の霜月。

iknow_studylog_1130_H25.png
iKnow! の、「1時間/週」という破格に少ない学習ノルマさえも、やっとこさのクリア。
それも、月曜未明と週末にしかやらないという無様な取り組み方。。。

11/24の日記に掲げた「朝2時起き」も、悲しいかな、成功したのは11/25の1日だけ。
前夜の段階で失敗しているのだから、無理ないか。
(前夜の段階での失敗=起きたい時間の6〜7時間前に床に就くこと。2amに起きたいのならば、前日は理想7pm、遅くとも8pmには寝ている必要があるのだ)
理想就寝時間の7pmに寝るためには、5pm台に退勤・・・を果たすか、車中泊で2amから活動始めないとヤバイので。


自己弁護くさいと言われれば否定できないが、iKnow! で忙殺撃沈してた時、今月の私は、iPhone握ってコレをやってました。

derujun_passtan_studylog_nov2013.png

アプリの 「でる順パス単」。
「今日の学習」てコマンドをタップすると、画面左下にカレンダーアイコンがあって、そこに 「毎日どれくらい学習したか」が自動で書き込まれるの。
ちょうど、iKnow!の学習記録みたいにね。
iKnow!が厳しい時でも、こっちは少し踏ん張ってみた。
コタツにもぐって解いたり、少し早めに家を出て車内で解いたり。
ホントは、紙刷り冊子でやったほうが脳にやさしいんだろうけど、ゲーマー脳は一朝一夕に古き佳き学習者の脳(アナログ教材派の脳)に挿げ替える事もできない。
せめて、「紙教材でも学習できるゲーマー」を目指すよ。


それにしても、「パソコン部」にも書いた、ツイ減(iPhoneとiPadからのツイッターアプリ削除)から2週間。
はじめのうちは、「ツイートしたくなるのをガマン」だったけど、少なくとも平日は、ツイートすることそのものをガマンできてる。
早起きの失敗率が上がったり、休日に寝だめするようになったけど・・・悪い事ばかりではない。
以下に、効能と、問題点とをまとめてみる。

【効能】
☆目の下のクマが、心持ち薄くなった
☆熟睡できるようになった (そのため、目覚ましも聞こえないが)
☆ツイッターのリプやフォロワー数などが気にならなくなった
☆痩せ期が来た!


【問題点】
★自分用英語への執着心ダウン
★おねぼうさんになった(特に休日)
★アナログ教材があまり進んでいない
posted by しば at 22:29| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。