英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2013年05月05日

英語再学習10周年に寄せて(HPと連動)。

shibanchidotjp_20130505.jpg

10年前の今日、Yahooジオシティーズに、一番初めのホームページを公開しました。
HTMLタグの読み方もわかんなくて、オンラインテンプレに文字入れしただけの、しょぼいページ。
ホームページビルダー買って、HTMLタグ覚えて、ヤプースのウェブ日記(現:ヤプログ)と無料レンタル掲示板を借りてから、やっとこ見てもらえる、HPを土台に交流ができるサイトになっていったっけ・・・

ブログも、何度も引っ越ししたなあ。いろんな会社の使った。
その中から勝ち残った的な3大オキニは、シーサーと、ライブドアと、FC2。
英語日記は、ワードプレスの無料版使ってる。

10周年節目のHPあいさつ文だから、こちらにもそのまんまの形で残しとく。
(つまり、ココから先は、コピペ)




昨年の今頃、(1) 一切の言い訳をしない (2) TTP(=徹底的にパクる:教材の進め方に忠実に従うとか、あやかりたい方の学習法をとことんまねる)という目標を立てたけど、守れた度合いは、(1)が65%、(2)が55%くらいです。


(1)は、英語や中国語などの外国語学習面は、自分で決めた学習量をやり切った時の「勝利の味」というか、一種の達成感を感じられるようになって、自分の怠け心の制御は、2000年代と比べるとずっとうまくできるようになったと思います。
守れなかった分の35%は、英語以外の部分で、自分に非がある時に、自覚はしたにしても、他者に対する言葉での陳謝がへたくそなところ。
要は、外国語学習をせっかくしてても、外国語を覚えるためにしてきた事が、外国語の語彙拡充やインプット効率UPみたいなテク部分だけにとどまってて、人間形成全体に広がってない。

(2)の守れた度が55%止まりなのは、「伴侶的学習メニュー」は見つけられたけれど、師と仰ぎついてゆく人や、英語で切磋琢磨し合う人との「リアル人脈」を作らなかったから。
リアル人脈を作るには、時間以上にお金がかかるのだけど、お金がかかった分だけ、自分の見識もビジネスチャンスも広がって、今よりももっと強い「英語やっててよかった感」と、家族への「英語させてくれることへの感謝」を感じられる事は、英語系セミナーに参加や主宰をしたルポや、英語仲間のオフ会報告談を見聞きすれば明らかだ。


◆それで、今年(11年目)の目標は?

英検1級ゲットだぜ! みたいな資格系!? (落ちたら恥ずかしいぞ)
--- それもいいけどぉ。

昨年度の(1)の残りの35%と、(2)の残りの45%も、どこかに盛り込みたいなぁ。
今年一気に達成を目指すのも悪くないが、[一切の言い訳をしない] と [TTP]は、2つとも100%に到達しきるまで、何年かかってもキャリーオーバーで掲げていきたいな。

具体的に成果を確認できそうな内容にするとしたら、

(1)欠点・弱点などを誰かに指摘されたり、揚げ足取られても、強がらない
(2)最低1回は、英語系オフ会やセミナーに参加


---て感じ?

posted by しば at 22:55| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。