英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2013年05月30日

なぜ中国語学習の後に眠くなるのか?



謎だ!謎だ!!

中国語、嫌いじゃないのに、むしろ耳に心地いいくらいなのに、「まいにち中国語」を聞き終えると、途端にすご〜〜く眠くなる。



このツイートした時も、放送聞き終えた後、家か、途中の無料駐車場に車停めてか、どっちかで2時間くらい昼寝してる・・・はず。


英語不要論者の娘達や、英語激苦手系の元教え子が、「英語の授業って、わかんないし、眠くなる」というのなら、納得。
自分の場合、好きな部類の外国語を学習して、学習終了後に眠くなるのが、不思議なの。

周波数帯とか、関係あるのかなぁ?


主な言語の【周波数帯】など、調べてみた。

passband_graph.png

英語のリスニングスキルを上げるために、「より多くネイティヴの発する英語を聞きこもう」としてるけど、日本語では出てこない周波数を持つ音をたくさん聞くことは、純じゃぱ脳には、結構負荷がかかってるんだろうなぁ。

一方で、中国語のほうは、英語と比べると、日本語と共通する周波数帯の範囲が広い。
だからちょっとだけ脳がホッとするのかなぁ?
それとも、中国語は四声(声の高さイントネーション)が正しければ音素内の強弱(声の強さイントネーション)は不問だから、安らぐのかなぁ?


そういえば・・・

1月英検の時は、中国語は、iKnow!だけやってて、「英検迫った」となったら休止してた。
今回は、ラジオの「まいにち中国語」とiKnow!の2本立てで、iKnow!の進捗は微妙だけど、ラジオ講座はしぶとく続いてる。
さすがに、英語程の必死さはないんだけど・・・でも続けるのが嫌ではなくって、

自分が中1の時、母に基礎英語垂れ流されてる頃は、こんな気持ちで基礎英語聞いてたのかなぁ

・・・とは感じる。
中国語も、ひとまず今年度から10年続くかがカギだな。



中国語学習が、10年続きますように。
posted by しば at 15:31| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 汉语 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

[青空文庫を読む(1)] 気のいい火山弾

外国語をある程度集中してやり込むと、「ちょっともうお腹いっぱい」的な気持ちになることがある。
それで、何を想ったか、青空文庫リーダーをiPadに入れた。
読書本として読むのもそうなんだけど、青空文庫の一番のいいところは、著作権保護期間が満了してる作品が、無料でガッツリ手に入るところ(*^。^*)

小学校で読み聞かせをしていた頃は、地味に「各教室で読むものの著作権」が、懸案事項になっていたこともある。
いろいろ調べてみて、「小学校の各教室や、学校行事で読む分には、聴衆をある程度特定できるので、二次配信や無許可上演には当たらないだろう」で議論が落ち着いたことを、懐かしく思い出している。


今日は、「気のいい火山弾」を読んで、録った。
読み聞かせ会卒業後初の、おはなしの収録になる。




おはなしから感じ取った一行メッセージは・・・


本物は、怒らない、ぶれない。


相手の対応やら、周りの環境やらに、「こういうとこが気に入んねぇ(怒)」なんて言ってるうちは、自分が「本物」になれてない。
あんまり怒らないと、馬鹿にされることもあるけれど、ホントの本物は、見る人が見ればわかるし、腐らずにい続ければ、ホントに心ある人との出会いがある。

4年ぶりのおはなし読みは、こちらから。
(ガラケーのネットでは音声聞けません、ご不便をお詫びいたします)

posted by しば at 12:13| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書/にほんご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

偏らないって、大事。

mammillaria_flowers_iphone.JPG

「わ〜〜い、咲いた咲いた〜〜(*^。^*)」 って、はしゃいで花の写真を撮りまくったマミラリア君。

よ〜〜く見ると、草体傾いてます。


花が咲いてない面が、「俺たちにも光当てろよぉ〜〜」とでも言いたげに、花が咲いている方の面をしなだれさせてるようにも見えたの。

ちょっと反省。

それで、先週の金曜あたりから、あえて、花の少ない面をお日さまに向けるようにしてる。

マミラリアのつぼみ
マミラリアのつぼみ posted by (C)shibashiba

全部時期をそろえて咲いたら、大変なことになりそうなくらい、つぼみが密についている。


話し変わるが、うちのマミラリア君の和名が、不明・・・
これの可能性も出てきた。


和名は「もっと大きくなってからのお楽しみ♪」なのも、悪くない。
posted by しば at 22:46| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

「虫」で感じる夏の気配。

多肉植物は、春と秋は十分日光を当てて、水やりは地植えや鉢花と比べて控えめに・・・とガーデニングサイトなどで読むんで、夫が3月始め頃に結婚式引き出物で持ち帰ってきたアエオニウム君も、植え替え+子株摘み以来、晴れた日は努めて玄関先に出している。


aeonium_kokabu.JPG

仔吹きに気付いて初めて撮った画像。
3月頃は、母ではないが、本当に「花?」と思うほど、小さくまとまったかわいらしい草体をしていた。

もし本当にコレが「花」ならば、「花びら」の合間からランナーみたいな細い茎を出したりしない。
これがきっかけで、画像検索から、「アエオニウム」って名前も知った。


「花」でなく、多肉植物として、他のサボテン達と一緒に日光浴に努めてきた3週間。
心なしか、体色が白っぽくて、葉もシワシワしてきて、あまり元気そうでない。

「夏前に、虫除けしておこう」と思い立って、薄めた木酢液を草体に吹き付けてみると、鉢の周りが大変なことになった(-"-)


コイツが、うじゃうじゃ、植木鉢のへりを歩いてる。
かなり早い。

hadani_3bai.JPG

和室の軒下の桟の陰を、ものすごいスピードで、駆けている。
その足並み、「バグズ・ライフ」の、大雨から逃げるアリみたい。




アエオニウム君だけにとどまらず、他のサボテン達の鉢を置くことが多い場所にも、薄めた木酢液をまいたんで、奴らも本気で逃げてた。


アエオニウム君は、その後、鉢から抜いて、裏面に卵産み付けられたぽい葉を取り除いて、根を洗って(実は土がかびていた)、丸一日室内で陰干し。

aeonium_repot_20130519.JPG

この姿で、トイレの出窓で丸一日過ごしたの。
写ってないけど、ガラス瓶に挿してある。

昨日、新しい土を入れて植え直して、遮光しやすい玄関先の木の棚下段に設置。
そして、雨は降ってないけどカンカン照りでもない今日、薄めた木酢液を浸した濡れティッシュで草体を拭いて、ハダニ除去。


アエオニウム@夏眠準備中
アエオニウム@夏眠準備中 posted by (C)shibashiba

今日は、こんな感じ。
枯死に向かっているのか? それとも、夏を越せそうか??


暑さに強い動植物は、より一層活動的になる夏。
だけど、「虫」も、活動するのよねぇ・・・(-_-メ)
おとといは法事で、娘1も帰省してきていた。
彼女に木酢液をまいたら必死に逃げたハダニの話をしたら、「ハダニだって、いっしょうけんめい生きてるんだよ・・・」との事。


化学薬品をできるだけ使わずに虫を遠ざける取り組みは、続くったら、続く! いろんな意味で。
posted by しば at 23:38| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

開花です!

2週間前の日曜日にお持ち帰りした、マミラリア君。(詳細

お持ち帰り時点で、すでにつぼみ付きだったのだけど・・・


咲きました☆

mammillaria_flower_0516.JPG

月下美人と、シャコバサボテン以外の、草体全体にとげのある種のサボテンの花は、家に持ち帰ってから咲くのを見るのは初めて。
めちゃくちゃカンドーです(*^。^*)

サボテンは、種ごとに花の咲き方はいろいろだけど、マミラリアは、草体の真上でないところに、ぐるっと周回して花をつけるの。
満開になると、花輪してるみたいになる♫


裏面にも、地味に一輪。

mammillaria_flower_back_0516.JPG

このマミラリア君、実は災難続きで、買ったその日に車内〜家までの間に地面に落下(販売時のプラ鉢に入った状態で)。
今週に入ってから、ちょっと鉢を動かした拍子に草体だけ鉢から転げ落ちるのが2度・・・(涙)

よ〜〜く見ると、とげ先が折れてる。
転げた時の負傷?

それでも、どうにか花を咲かせてくれて、ホントにうれしい。
満開のところも、もちろんカメラに収めるのはいうまでもない。

最大サイズは、30cmくらいになるみたい。
現在の草丈は、地表に出ている範囲で、11cm。


マミラリア君の開花を見てから、なんだか躁状態に入ったぽい。
根拠のない自信が出てきて、勢いで英検1級の申し込みをした。


さあ、マミラリア君だけでなく、自分の英語力も咲かせるぞ!
目指せ合格、そしてブログ引っ越しっ♪
タグ:サボテン
posted by しば at 19:53| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

今年の、母の日プレゼント。

「また溜めないようにしよう」と心に決めて、朝学習をしていると、こんなのがPC画面に出た。

iknow_achievement_7500items.jpg

「完了アイテム数」のバッジ!!
iKnow!では、学習始め〜200アイテム(単語や熟語200個)までは50個ごと、300〜1000アイテムまでは100個ごと、1000アイテムを超えると500個ごとに、このバッジが送られてくるの。
バッジシステムが始まった2011年後期あたりから、あったもの。

最近、iPadで演習することが増えたし、今年4月のアプデで「マイページ」の外観が変わってから、学習量積むとバッジもらえるシステムは消えたのかな・・・って、少し諦めムードだった。
感動して思わず、キャプチャして、ブログに貼ってしまった。


もらう瞬間は見られなかったけど、コレもまだ生き残ってたよ〜〜〜☆

iknow_achievement_55targets.jpg
「英語をやってフツー」という気持ちを大いに育ててくれた、このバッジ。
これをもらいたさに、iKnow!を続けてると言っても過言ではない。
きついけど、3時間半/週のノルマを、あと4回クリアすると・・・そうすると来月始めだなぁ、「60回ターゲットクリア」のをもらえるのだ(*^。^*)

うん、がんばり甲斐がでてきたぞぉ〜〜
今までもらってきた母の日プレゼントの中で、一番うれしいや!
posted by しば at 14:44| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

単語帳の回し方、しばの場合。

【送料無料】英検pass単熟語準1級改訂版

【送料無料】英検pass単熟語準1級改訂版
価格:1,575円(税込、送料込)



昨年3月に、Pass単1級用と準1級用のアプリを購入。
アプリ購入のきっかけは、ハズカシイことに、「書籍版だとやる気がイマイチ出ない」(-"-)

1級用Pass単(書籍)を○○○オフで換金し、アプリ版に乗り換え。
1級用が1000円、準1用が800円かそこらだったが、「元取るぞ!」と意気込んで購入。

最初にDLした時は、スマホがアンドロイド2.2(IS03)で、かつメモリが(本体400MB+マイクロSD分)というミミッチィもんで、全編の音声DLができない状況。
それでも、iPhoneに機種変する7月下旬までに、準1用の1回目までは到達。
1級Pass単@アンドロイドは、「単語パート1」までしか行けなかった。


iPhoneに機種変して、iPhoneで2つのPass単をサイインストしたら、当然のごとく、アンドロイド時代の履歴は残らず、全部最初からのスタートとなった。

IMG_0041.PNG

(画像は、iPadにPass単1級アプリをインストした時のもの。やっぱり履歴残ってない)

iPhoneにPass単アプリをインストし直してから、以下のような数え方で演習をしてきた(「4周目以降のは、”するつもり”だけどね)。

☆「テスト」モードで全掲載語を一通り解く : 1回完了 [1周回した]
☆「テスト」モードで、全掲載語が Blue2 になるまで解く : 2回完了 [2周回した] ←1級用イマココ
☆「テスト」モードで、全掲載語が Blue3 になるまで解く : 3回完了 [3周回した] ←準1用イマココ
☆「テスト」モードで、全掲載語でBlue3をキープ : 4回完了 [4周回した]
---- ここで、全履歴をクリア(iPhoneからiPadに使用端末変更や、再インストなどで) ----
☆履歴クリア後に全掲載語を一通り解く(1回目と同じ流れ) : 5回完了 [5周回した]


以下続く (6回目は2回目に準ずる、ただし定着度次第で変更有)



アプリのPass単の何がツボだったかというと、正解率で掲載語が自動的に色分け分類されるところ。
正解率が高い程濃い青になるし、不正解率が高い程濃い赤になっていく。
最初はWhiteから始まって、青(正解多い)が3段階、赤(不正解多い)が3段階。

passtan_app_log01.JPG

何度か正解できていても、「久しぶりに解いたら間違っちゃった」て種の問題は、容赦なく「赤」側に鞍替えされる。
テストモードは、最初Whiteから始まって、
Whiteで1回正解するとBlue側に1段階上がる
Whiteで1回不正解するとRed側に2段階下がる

仕組みになってることに気付いたのは、始めてから2〜3か月経ってからかなぁ。
「1回間違うと2階級ダウン」てのは厳しいよ。
でも、だからこそ、嫌でも繰り返さざるを得ない状況ができるし、繰り返しを拒否らない限り、正解できるようにもなる。

IMG_0341.PNG

これは、「覚えの悪い単語は、とことん正解しにくい」の図。
たった1語のためにそのセクションを終了できない・・・てのも、ざら。



上は、「準1級パス単3周目終えました!」のツイートだけど、手こずった熟語が3つで済んでるってのは、珍しく調子いいケース。
これから1級編の3周目を解くけど、先月二十日頃に(#shunbun +1か月なんで、鮮明に覚えてる)全部Blue2に乗せた単語・熟語がどのくらいWhiteやRedゾーンに陥落していくのか想像すると、恐ろしいものがある。

英語学習は、「臭いモノにふたをしないようにする」て姿勢を培うのに、とっても役立ってる。
「負けを認める姿勢」って言い換えることもできるかな?

posted by しば at 10:12| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

今年の蚊対策。

ここ2〜3年、アースノーマットを焚いても、蚊が死ににくくなったように思う。



こんなオサレな本体が出たの?
でも、大事なのは、カッコいい / かわいい蚊取り器よりも、蚊の殺傷力。
焚かないよりは、蚊が寄ってこないけど、「以前より効いてない」気がするのは、それでも寄ってきた蚊が、薬慣れしてるのか、しぶとくなってるぽいから。


アクアやってた頃、特にレッドビーが居た頃は、アースノーマットも焚けなくて、もっぱらコレだった。



誘蛾灯の原理で蚊が中まで入ってきて、ニクロム線に止まった途端に焼け死ぬ・・・という物理的な駆除法だが、私は気に入ってた。
蚊以外の小虫もやっつけられるから。
だけど、家庭内のアンチアクア族は、蚊取り器焚きたがってたね。
夏場の方が「水槽やめてくれる?」て言われた回数多かった。


そして、今年。
震災がきっかけで、やっとアンチアクア族の要望に添えた形となたしば、植物で蚊を寄せ付けないようにしようと思う。
植物ならば、ノーマットみたいに、薬剤耐性の強い蚊がしぶとく残ることもない(*^。^*)
何件か、ホムセンや花木センターめぐったけど、蚊除け草が見つからなかったから、ポチった。

leptspermum_05082013.jpg

モスキートブロッカー 

学名: Leptospermum
英名: tea tree
和名: 魚柳梅(ぎょりゅうばい)?


アクアリウムをしてた時に知った、チャーム さんでの購入。
万全の梱包で我が家にやってきた♫

「小さくまとめない戦法(?)」で、アクアリウムの傍ら、鉢植え君達をできるだけ長く生かしてきたしば。
こんな姿目指して、大事に育てるぞ〜



(続き、あります)続きを読む
posted by しば at 17:57| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

サボテン Meets 英語。

おととい、自分へのごほうびとしてゲット!

IMG_0471.JPG

微妙に、つぼみ付き。
咲けば、自宅で見るには初めてのサボテンの花。

市内のホームセンターで、598円。

2週間前 に、「じっくりサボテン・多肉系と向き合おう」って思い、サボテン用の土も買っていたし、満を持してお持ち帰り。


ホムセンで売られてた時点で、名札はついてない。
ググりながら、「マミラリア」て属名まで突き止めた。
和名までは調べ切れてない。

コレが一番、似てるかなぁ?



とげが、外側が赤っぽくて、内側は白い。
2週間前に、愕然としながら処分したサボテン君も、2〜3年かそれ以上の雨ざらしをされなかったらば、もっとかわいらしいやつになってたんだろうな。

IMG_0426.JPG

☆タラレバの想像図☆


まさか、サボテン熱?が、2年目に突入(しかも深化)するとは思わなかったよ。
20年前に亡くなった祖父が、生前にいろんな盆栽育てていて、栽培ノートみたいなのもつけてて、その中に、サボテンもあった。
TVの「趣味の園芸」で、シャコバサボテンの特集してた時、見たり、テキスト買ってた記憶が、ぼんやりとだけど、ある。
来年も、再来年もサボテン熱続いたら、きっと、じぃちゃんの「血」だなぁ。




*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*


話題変わるけど、

サボテンの育て方って、我ら日本人が、日本で英語を身に付けていく過程と共通部分多いな


--- て思う。 殊に

(1)日本語の流儀で英語を覚えようとすると、英語嫌い度が進む
 [花=マメに水をあげるもの、という観念でサボテンを育てると腐る]

(2)適した方法で学ばないと覚えにくい
  [適切な育て方をしないと花をつけない]

(3)学習の成果を実感できるようになるまでに、それなりの時間を要する
 [種にもよるが、初めて花が咲くまでに最短でも4〜5年、長いものだと数十年かかる]

(4)テストスコアUPなどの他人が気付きやすい変化が、必ずしも英語力そのものがUPした印とは限らない
 [花が咲く、子株を作る・・・などの栽培者にとってうれしい変化が、実は枯死へ向かう徴候の場合がある]

の、4点が。 
注 : [  カッコ  ] 内はサボテン飼育の際の注意点。


震災後、地震後の停電と、節電風潮と、母の視線の3つが怖くてアクアリウムができなくなったぶんの心の穴を、サボテンが埋めようとしてる感は否めないが、「ちょっとした変化」を楽しんで育てていくよ。
もちろん、サボテン+多肉栽培は 英語ででも読める+語れる を目指す。
posted by しば at 22:55| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

英語再学習10周年に寄せて(HPと連動)。

shibanchidotjp_20130505.jpg

10年前の今日、Yahooジオシティーズに、一番初めのホームページを公開しました。
HTMLタグの読み方もわかんなくて、オンラインテンプレに文字入れしただけの、しょぼいページ。
ホームページビルダー買って、HTMLタグ覚えて、ヤプースのウェブ日記(現:ヤプログ)と無料レンタル掲示板を借りてから、やっとこ見てもらえる、HPを土台に交流ができるサイトになっていったっけ・・・

ブログも、何度も引っ越ししたなあ。いろんな会社の使った。
その中から勝ち残った的な3大オキニは、シーサーと、ライブドアと、FC2。
英語日記は、ワードプレスの無料版使ってる。

10周年節目のHPあいさつ文だから、こちらにもそのまんまの形で残しとく。
(つまり、ココから先は、コピペ)




昨年の今頃、(1) 一切の言い訳をしない (2) TTP(=徹底的にパクる:教材の進め方に忠実に従うとか、あやかりたい方の学習法をとことんまねる)という目標を立てたけど、守れた度合いは、(1)が65%、(2)が55%くらいです。


(1)は、英語や中国語などの外国語学習面は、自分で決めた学習量をやり切った時の「勝利の味」というか、一種の達成感を感じられるようになって、自分の怠け心の制御は、2000年代と比べるとずっとうまくできるようになったと思います。
守れなかった分の35%は、英語以外の部分で、自分に非がある時に、自覚はしたにしても、他者に対する言葉での陳謝がへたくそなところ。
要は、外国語学習をせっかくしてても、外国語を覚えるためにしてきた事が、外国語の語彙拡充やインプット効率UPみたいなテク部分だけにとどまってて、人間形成全体に広がってない。

(2)の守れた度が55%止まりなのは、「伴侶的学習メニュー」は見つけられたけれど、師と仰ぎついてゆく人や、英語で切磋琢磨し合う人との「リアル人脈」を作らなかったから。
リアル人脈を作るには、時間以上にお金がかかるのだけど、お金がかかった分だけ、自分の見識もビジネスチャンスも広がって、今よりももっと強い「英語やっててよかった感」と、家族への「英語させてくれることへの感謝」を感じられる事は、英語系セミナーに参加や主宰をしたルポや、英語仲間のオフ会報告談を見聞きすれば明らかだ。


◆それで、今年(11年目)の目標は?

英検1級ゲットだぜ! みたいな資格系!? (落ちたら恥ずかしいぞ)
--- それもいいけどぉ。

昨年度の(1)の残りの35%と、(2)の残りの45%も、どこかに盛り込みたいなぁ。
今年一気に達成を目指すのも悪くないが、[一切の言い訳をしない] と [TTP]は、2つとも100%に到達しきるまで、何年かかってもキャリーオーバーで掲げていきたいな。

具体的に成果を確認できそうな内容にするとしたら、

(1)欠点・弱点などを誰かに指摘されたり、揚げ足取られても、強がらない
(2)最低1回は、英語系オフ会やセミナーに参加


---て感じ?

posted by しば at 22:55| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。