英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2013年02月22日

[小ネタ] 男女でジーンズを共用できるか?

冗談みたいだけど、ホントです。

しばんちは、夫と私とでジーンズを共用できます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


積極的にはやりたくないけど・・・


きっかけは、夫の5年から10年前くらいのジーンズ by Edwin を私が履いてみたら、履けた事。
色目がイイカンジだったから、お正月に夫の母を訪ねた際に履いて行った。

でも・・・
履き心地は、時間が経つほどに微妙になってゆく。

メンズのジーンズって、生地が硬い(・_・;
膝の曲げ伸ばしする時、つれる感じある。
サイズ的にはオッケーだが、そのまま「今履いてないんなら、ちょうだい(^o^)」には至らず。


そして、「しばんちの男女でのジーンズ共用」には、逆バージョンもある。



1月下旬のある日、私はなぜか黒のチノパン @パシオス を履きたかったが、見つからなくて、途方に暮れた。
「干した時に風に飛ばされたかなあ?」
「ずっと洗い忘れて脱衣所の奥まった棚に押し込まれてるかなあ?」
「夜干しした時に、誰かにかっさらわれたかなあ?」
いろんな思いを巡らせ、でも「雑な家事してるから自己責任だよな」と諦め始めたその時、夫帰宅。
そして・・・

「今日の夫のズボン、やけに裾が長いなぁ」と思いながら夫の脚元に目をやると、いつもの夫のズボン以上に、ふくらはぎがゆったりしてる。


まさか、夫は私の黒チノを間違えて履いてるの???


恐る恐る夫に確認する。
「パパ、今日履いてるズボン・・・」

夫:始めは、「あれ?俺、ママのズボン間違えて履いた?!」って思ったよ。だじぇど今更着替えるのも面倒だからそのまま履き続けてたらよぉ、生地がストレッチ素材なの? だんだん履き心地よくなってきちゃってさ・・・f^_^;

私: ((((;゚Д゚)))))))

夫のジーンズと私のとでは、ウエストサイズが明らかに違う。
メンズのジーンズは、ウエストの割にヒップが細いから、私がW86の夫のジーンズ履けたけど。
レディースのジーンズは、ウエストに対してヒップはたっぷりゆとりがあるよ。
私はH90台を確認してジーンズやスラックス買うけど、そうするとWは70とか71とかそんなもん。

W86のジーンズ履く夫が、私のW71のジーンズを履いたところで、ウエストのボタン締まってる??



との、悍ましい想像をした。
でも、「そのうち、違和感覚えて履くのをやめるだろう」と静観したの。

それから2週間。
インフルがどうにか治った頃。
夫は依然として私の黒チノを履き続けていた。

「この黒チノ、すごく動きやすくていいね・・・ヾ(@⌒ー⌒@)ノ」



私は、とてもシュールな気持ちの中、夫に例の黒チノをあげることにしたよ。
くだけ過ぎず、動きやすいなら、いいじゃない。。。
どうか、ウエスト周りが露呈しないように上手く履きこなしてくれd(^_^o)


posted by しば at 22:12| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

「基礎基本学習」を充実させれば、突破できるのか?

昨日、担任から電話で聞いて、びっくり!
思わずツイートしてしまった。

[ちょぼちー] 英検2級1次通過。前夜にモンハンも「平常心維持」だったか(; ̄ェ ̄)準2の文法復習も2級過去問や模試もやってなかったが、予備校のセンター対策問題、思いの外集中して取り組んでたんだろうなあ。
− しば@英語学習駆け込み寺さん (@eigodaisukibito) 2013年2月14日



息子、今日から学校に復帰。
前日に担任から連絡あったんですが、学校でも「英検2次対策」が始まります。

英語科の先生方が、学年の枠を超えて、朝や放課後に面接練習の時間を取って下さるのです。
ありがたい〜〜


息子、家では昨年秋に準2級を受けた時よりも、英検関係の勉強してなかった。
予備校の先生も、職業柄なんだろうけど、「英検向け教材やるのもいいけど、大学入試問題をしっかり解けるようにすることのほうが、基礎固めの点では大事だよ」とおっしゃって、息子に積極的な英検対策を勧めなかった。
そしてしばも、「サラリースチューデント」な息子のことだから、家の中でも外でも常に、しかし密度の微妙な学び方をするよりは、家の外でガッツリ集中して学ぶのもいいな(*^。^*) て考えて、予備校教材完全消化を目指させている。


そして、しばの1級(紙)成績表の、項目別講評欄。


image-20130221114656.png


注目点は、「ネイティヴが読んだり聞いたり(見たり)する読み物や番組類を積極的に読み聞きしましょう」という記述。
これは、「テストの合格点への到達を目指す学習のみでなく、"日本人向けに教材化されていないモノ"の英語に触れる事を習慣化させなさい」と、私は解釈しました。
言い換えれば、「"学習のために"という意識を超えて、英語の読み物やメディアの多聴多読を楽しむ/愉しむ」


image-20130221115938.png

読解とリスニングの惨敗ぶりは、完全に「今まで、教材化されたものしか取り組んでこなかったツケ」です。
確かに、教材類ならば、病気ででも一日中外出の時でも、執着できるようにはなった。
・・・が、英検1級範囲をしっかり理解するためには、「教材化されていない英語のインプット習慣」にも、教材へと同じかそれ以上の執着心が要る。

6月までにどれだけ仕上がるかはわからないけど、「教材化されてない英文を楽しく読む」の実践のために、先月に「英検合格のご褒美に買うぞ」と宣言してたiPadを、2/5に前倒し購入しました。
(現物到着は2/7)
そのくらい、しばはリーディングに無関心で(日本語の小説も読む習慣なしだった)、リーディングに無関心な行動そのものを変えないと未来(=1級合格、TOEICでの更なるスコアUPなど)がない状態だったんです。

1級挑戦の、ベンチマーク。


image-20130221154327.png


6月は、この得点を超えて当たり前。
「受かればオッケー」にとどまらず、何点プラスできるかに挑むよ。






posted by しば at 21:01| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

インフル闘病記 ver.2013 3日目〜5日目

(注) この日記は、回復後に回想を元に書かれたものです。

発熱から24時間以内にリレンザを吸ったので、2/10の夕方には36度台まで熱が下がりました。
ドクターの見立て通り。

あとは、2/11と12に、再度熱が上がらないことを確認するのみ。

2/10の昼間も、37度台は熱が出てたのだけど、だいぶ長く起きていられた。
寝床でだけれど、かなりの時間勉強できてたのに驚き。
(読み物の素材が癒し系だったのがよかったかな?)

Goldfish magazine全20ページ。広告除く。本当は広告も精読するとTOEIC対策になる? (調べた単語)quarantine (Q/T) 隔離する、検... 『自然科学系』 40分 18ページ stdy.pl/W9JX0i #studyplus
− しば / shibaさん (@shibanchilog) 2013年2月10日



あと、前日の麻黄湯服用後のひどい下痢の話・・・
英文日記にも書いたのだけど、実はこれには後日談ありです。

発症から5日目(本日)。
今日まで、「出勤停止」なのだけど、実は、麻黄湯服用をやめて丸2日たったのに、また下痢したんです。
今度は、前日怪しいものを食べたわけでないのに、朝のお通じがたまたま下痢 orz  ってやつ。
気味が悪いから、再度病院に行きました。

病院着いた。呼ばれるまでパス単
− しば / shibaさん (@shibanchilog) 2013年2月12日



今日のドクターは、発熱してた時とは違う先生だったけど、消化器系の専門の先生。
下腹部の触診をして、2/9からの下痢の様子を話すと、こんな診断。

インフルA型と、胃腸風邪とに、同時にかかっていましたね。
インフルが先に治って、今は胃腸風邪のウィルスが残ってる状態です。


@病院より「インフル&胃腸炎同時感染」麻黄は引き金に過ぎず・・・ こんなのってアリー(T.T)
− しば / shibaさん (@shibanchilog) 2013年2月12日



いやぁ〜〜、こんなことってあるもんか・・・

あっけにとられていたら、「今年は、こういうの多いです」とドクター。


そして、日没後は、息子から「予備校ついたんだが、きもちわりぃ」のtelがあり・・・

@sankimuko 「かーちゃんの言うこと聞いて、寝よう」として布団かぶった矢先の、息子からの「きもちわりぃーー」tel はまさに晴天の霹靂。そして、病中英語しといて良かった。
− しば / shibaさん (@shibanchilog) 2013年2月12日



私の下痢は、気合いで治まってしまいました。
いやぁ〜〜、子どもできる前にはない感覚。
自分が具合悪くっても、「子どもが病気になった」と聞くと、自分のほうの不調が吹っ飛んでしまって(実際は痛みがマヒする)、体動くようになるの。
恐母も、今でこそ「具合悪いぃ」ってぼやくけど、私の子どもの頃は、私が熱発したとか聞くと、自分の不調吹っ飛ばして看病に当たってくれてたのかなぁ・・・って、感慨深い気持ちになります。
posted by しば at 23:06| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

インフル闘病記 ver. 2013 1日目&2日目

(注) この日記は、解熱後に回想を元に書かれたものです。


昨年、予防接種したのに、かかってしまいました。(。-_-。)

異変が露わになったのは、昨日午後から、じわじわと。
バイト中に頭痛とのどの痛みが交互に来た。
作業中、声出し確認すべき時にのどの激痛で声が出せないことが、一度でなくあった。
注意深い社員の方は、感づいただろうな。

ギリギリな体調で退勤するも、帰路の運転が重くのしかかった。
普段は運転大好きなんだけど…
途中コンビニ[P] で休憩中に派遣エージェントさんから仕事の案内telがあったが、すでに熱が出てる感じがあったので、体調不良の旨を伝えた。
やっとの思いで帰宅し、布団に倒れ込む。
2/8(金) 8pm時点で、37.9度。


夜中のトイレ後に、怯えながら検温。
1am時点で、38.1度。
朝になったら病院行き確定だ。
運転距離をできるだけ短く収めたかったから、一番近くの内科を受診。
検査の結果、A型インフルエンザ が確定_| ̄|○

子ども達によく出されるのと同じリレンザと、初物としてコレ。


image-20130212131444.png


4年前には出なかったなぁ。
だが、調べてみると、「新型インフルにタミフルが効きにくい」中で、麻黄湯が解熱にかなりの効果を上げたことから、インフルエンザ向け処方が増えたとのこと。

帰宅後、早速飲みました。(リレンザも吸った)
しかーーーーし!

30分後に謎の下腹痛。
下痢や嘔吐はしなかったけど、嫌な感じの腹痛が、1時間ちょっと続いた。


やがて日が落ちた。
日没時で、体温は37.6度まで下がってる。

「もう一度腹痛が来たら、もう麻黄湯は飲まない」と腹をくくって、夜の服薬。


腹痛は、計ったように30分後にやってきた。
トイレも催したので、即トイレに駆け込んだ。
お腹をさすりながら用を足す。
あまりの痛さに意識が遠のく。
気が付くと、トイレの壁に頭をもたげたまましばらく気絶してたみたい。
その間に、まるで浣腸した後のような、宿便と下痢 ((((;゚Д゚)))))))


トイレ所要時間、約30分ちょっと。
それを、ほぼ9割悶絶と失神で過ごした。

確かに麻黄湯1回服用で熱の下がりはよかったよ。
だけど、「自分は腹痛に耐えられない」って実感。
posted by しば at 23:12| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

反復練習が嫌いな英語教師、どうでしょう?

ちょっと、衝撃的なモノを見つけてしまいました。

toshiweb_2004english.png

「見つけた」は本当は正しくないです。
ずっとあったんですから。

だけど、夫のホムペ記事の文言を改めて反芻してみて、私は、夫とのすれ違いの根っこが、英語への取り組み方の違いにあるように感じました。

夫が「この単調さに耐えきれるか」と形容しているNewton TLTのROM教材、私は、何度も挑戦してやっとクリアを出せるのが、とても快感でした。
何度繰り返しても、苦じゃなかったです。
TOEICに出る英語を学んでいるのだけど、Newton TLTで解くと、ゲームのクエストをクリアするみたいな達成感と爽快感を覚えました。


TOEIC対策でも、それ以外でも、大人になってからの英語学習教材は、「繰り返しの中でクエストをクリアする感」のあるモノが長続きし、メイン教材になっていきました。
iKnow!も然り。
iKnow!は、「Newton TLTのエンジンをそのまま持ってきた?」って思うくらい、否応なく掲載語やフレーズを繰り返し、そして会話や英文日記で、辞書引かずに口をついて出たり、自然とタイプする指が動いた時の喜びは格別です。
(だから、「パソ勉に偏るんだ」という批判もあります)

【送料無料】TOEIC TEST DS トレーニング

【送料無料】TOEIC TEST DS トレーニング
価格:3,280円(税込、送料込)


iKnow!を始める前にハマってた教材は、DSトレーニングなんですが、これは、繰り返しの中で苦手克服や課題クリアをするよりも、「継続できる/できた喜び」を確かなものにしてくれた教材でした。
TOEIC DSを起動して学習することは「(英語力の)花に水をあげる」で、その花は、毎日学習した場合で5日に1輪咲きます。

toeicds_14.jpg

他にも、DS起動すると、「おはよう」って言ってくれたり、

toeicds_1.jpg

ちょっとサボってしまうと、「花が枯れてしまいそうです。早く水をあげましょう(注:水をあげる=TOEIC DSで学習する)」って叱られる。

toeicds_2.jpg


反復練習の単調さを辛いと感じる夫は、「学習を習慣化する」ことが苦手なように映ります。
見方変えれば、臨機応変でいいんだけど。
「できない日もあるさ」って思って、とある習慣的取り組み事ができない事をウジウジしないことは、大らかなポジティヴさを感じるし、むしろそれが必要な時と場合も、日常では多々あります。
ただ、「英語力をつける・伸ばす」て事を目指す時、大らかな気持ちが大きいと即効性や効果が限りなく薄くなるってことを、彼は自覚した上で教壇に立ってるのかなぁ。


夫は、スピーキングにはかなり定評あるようです。
「TOEICハイスコアラー先生よりもよくしゃべってる」そうです。
自己ベスト610(それも主張研修で受けたIP in 2003夏)ですが・・・

赴任先によっては、英語のハナシをしても生徒が聞いてくれないの明白で、封印せざるを得ないことがあるのもわかります。
「学校の先生(school teacher)」としてなら、困難校スペシャリストってのも役割を果たせるのだけど・・・


私の夫は、英語習得に絶対必要な事が、嫌い。


夫のいいところをたくさんたくさん集めても、今のところ、この部分への失望・不信感をチャラにしきれていません・・・
将来的にチャラにできるかなあ?
それとも、この1点のために、熟年離婚に行くのかなぁ?
posted by しば at 08:07| 茨城 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。