英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2013年01月30日

家事中英語の友をお迎え。

昨夜、ガクブルしながら英検の自己採点をし、手ごたえをUP。

eiken_shiba_2012_03.JPG

詳しくはこちら。

そして、「もう、今日からより一層試験対策モードぉ」って思って、2amくらいまで眠れずにいて・・・そして、夫の弁当作り時間も忘れて寝坊。
orz
思わず夫に「弁当作れなくてゴメン」ってメールった。

・・・悲しいことを書くのは、悲しみをさらに深めることになるから、夫の弁当作れなかった話はもうやめよう。
「日付変わる前に6時間睡眠」ていう自分の好調維持リズムを破る日々が多いことが、弁当作り忘れの引き金になったんだから。
たとえ深夜に娘1に「揉んでハート」って起こされるとしても、深夜に起こされることが事前に予想できるなら、その前に確実に眠りたい時間の2/3以上眠っておく(非番日限定技)。
そして、深夜に起こされても、にこやかにマッサージを務める。
娘1が寝付いた時逆に自分が目が冴えてしまってたら、そのまま朝まで英語漬けするなり、深夜を有効に使う。


あ、本題。

英検の日の夜、娘達とロフトに行った時、コレトの軸の他に、もう一つゲット品があるの。


「家事しながら英語のポッドキャスト聞き」は、前からやっていたのだけど、今まではイヤホンでやっていたんで、大体1時間くらい差してると耳が痛くなってくるし、音漏れも気になる。
無意識に、「廉価のでいいから、ヘッドホンがほしいなぁ」て思うようになっていた。
娘2なんか、ウォークマンにヘッドホンだし(゜_゜) 

小さいけど、密封感がなかなかイイカンジ。

このヘッドホンへの投資を無駄にしないよう、家事と英語の両立により一層励みます。

そして・・・








この夏には、ブログ引っ越すぞぉ〜〜♪
posted by しば at 10:40| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

[1級チャレンジ] 画像で振り返る、初めての英検1級(1次編)。

一番最初に購入した英検1級本は、もう手元にはない。
娘1の不登校を気に病んで大スランプだった時に、某ネッ友さんに着払いで譲った。

学習塾勤務1年目の夏に、「1級目指すぞ」とひそかに念じて、2010年度用の過去問集を買って・・・その最初の問題を解いた結果が、コレ。

kakolog_20100618.jpg

原文はこちら。

2010/06より、もう少し後で、「その英語力で英検1級受けるとは、金の無駄」ってコメントされたこともあったなぁ。
実際は出願してもいなかったから、コメントも「単なる冷やかし」で終わったけど。
それでも、書き込みあったばかりの頃は、かなりへこんで、1週間くらいそこの記事見る度涙出ちゃってた。

ここから、初挑戦までは、2年半くらい。
出願の入金は、自分の誕生日の日。

eiken_receipt_1217.jpg
試験前らしく準備学習できたとは、決して言えない。
学習者の手本になるような学習からは、程遠い。

がんばった教材・・・iKnow!と、パス単。
iKnow!とパス単しかがんばれなかった、が実情。

IMG_0196.PNG


IMG_0208.PNG


iPhoneがなかったら、もっと杜撰な準備だっただろうな。

過去問集(紙)の演習量も足りなさすぎ。
年明けてからこそ、コレをがんばったけど。

einabi_mypage.jpg

初めてつくばでTOEICを受けた時と同じく、朝食はカレー系。
カレーライスだと重いんで、ドライカレーにしたけどね。

IMG_0213.JPG

TOEICの感覚で、試験会場には、受け付け開始2時間前に入った。
会場の空気に慣れるため。
当日はバスで会場入りしたのだけど、運よく駐車場が利用可だった。
受付開始まで、昇降口前の日向を選んでパス単を乱解きし、教室に入ってからも、試験官が「携帯電話の電源を切って下さい」というギリギリまでiKnow!の英検1級コースを解いた。



試験本番は、「持てるモノ」は、出せた。
これで不合格だったらば、「持てるモノの絶対量が足りなかった」って納得できる。



本試験を終えて、身も心も真白く燃え尽きた。
夕食後、娘2人と、ロフトで「おつかい」を楽しんだ。
お疲れ様の買い物 で、「おつかい」。


今まで持っていたコレト本体の4倍以上の値段するけど、とても豊かな気持ちで書けるからいいかな。


出来具合、自己採点結果などの試験詳細・・・今回は、息子も受験なんで、「親子英検」として別サイトのほうで企画化しました。
英検関連は、2人分自己採点した後、楽天版にUPするつもりです。
自己採点後は、今回の問題の精読をします。
わからなかった/間違えた語句の意味調べと、読解問題の題材の背景考証も盛り込みます。
合否に関わらず、精読したものはブログに残す。


choboshiba_english.gif

posted by しば at 22:57| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

英検1級初挑戦前の、大風呂敷。

こんにちは。
更新滞っているにも関わらず、お越しいただいた皆様に、深謝いたします。

私、英検1級合格を機に、ブログ移転することにしました。
(もちろん、移転するのは、合格後です)


当ブログ「しばんちろぐ02」は、私が、「脱・専業主婦」を決意したところから始まっています。
失業時期もありますが、最初の記事を上げた2008/04以降、「もう一度家庭に戻ろう」とは一度も思わずにおります。
その中では、英語学習に励めない程、子育てで憔悴した時期もありました。
精神科のお世話になった時期もありました。

無印の「しばんちろぐ」から、当ブログ「02」に移る時も、「仕事しよう は、自分の人生の大きな区切りだから、ブログ引っ越ししたい」って思いました。
今回は、「英検1級に受かることが、自分の英語生活の大きな区切りになる」と感じるので、「合格後に移転する」という誓いに至りました。

じゃ、今までは、何?


それは、「英語学習喪中期間に総崩れになった、1981〜1993までの英語力の積み直し」

hatenablog_1231.jpg

詳しくはこちら

昨年秋くらいにやっと、「準1+教員試験を受けた頃相当まで戻せたかな?」って実感が湧いた。
「1級を受ける」って行動に、移れた。

英語の学び始め以来ずっと学び続けていたならば、20代か、遅くとも30代いっぱいのうちに手にできていただろう、英検1級。
英語に挫折していなければ、’90代半ばで英語ママデビューしてたはず。
だけど、その部分が、私には抜け落ちている。
「英語まっしぐらな強さ」が、ない。

それでも、10年の「英語学習の喪中がなかったら」の「タラ」の部分を埋めることはできた。
2003年5月から昨年11月までの9年半で、英語力は、引き上げはできなかったとしても21の頃の黙読スピードまで持って行き、「服喪期間」を使って、英語を使って語るトピックの守備範囲を大きく拡大できた。

まっしぐらさはないけど、「折れそうで折れない」しぶとさは身に付いた。
「わからない辛さ」、「解けないもどかしさ」と、「わかるようになる喜び」、「解けるようになっていく自信」を、体感することができた。
英語力退化の代価だね。


直接記事にしなくても、私がここで日記を書き続けていたら、英検1級に受かっていない印。
更新は・・・インスピ降臨すれば、します。
だけど、「ここにずっといたい」でなく、引っ越しの日を夢見ながら、更新します。

「お〜〜い、しば。早くブログ引っ越せや」
「更新はそこそこでもいいから、早く英検受かれ」
今は、そんな言葉が欲しいかな。
posted by しば at 14:31| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

[大雪] 年間数日のための「コレ」

(注)この記事は、表示の日付よりも後に、回想を交えながら書いています。


今日は、まさかの大雪。
最初は雨だったんで、まさか、こんなに鬼のように降ることは予想できず。

寒い冬は別にかまわない。
でも、雪は願い下げ。
年に数日のために冬タイヤに履き替えるのって・・・必要なことなんだけど、ぶっちゃけ、「回避できるものなら回避したい」。
だったらタイヤチェーンにしろって?
(夫は実践中)



何がめんどうかって?
約3年おきの買い替え!!
結構な出費になる。
そして、今年は、その買い替えの年。



なんて悶々するうちに、娘1をバイトに送っていく時間となり、その時にはすでに大雪。
娘1のバイト先に着くまでの時点でもう、「今日はなんとしても、どんなに長く待ってでも、冬タイヤをゲットしないとヤバイ」って気持ちになった。

彼女をバイト先に降ろし、それから、息子を連れて、オートバックスへ。
もちろん2人で勉強道具持参。
タイヤ交換作業の待ち時間に勉強する・・・という目論見。

しか〜〜〜し!

普段は10~20分で着けるオートバックスまでの道のりが、長いこと、長いこと!!
積雪で走りづらい。視界悪いし、横滑りもする。
坂道は危険だと予想し、R50バイパスの立体交差を避けて進んだら、自分の選んだほうの道が渋滞。
おまけに、オートバックス店内の[P] が、混んでて、かつ入りにくい。
雪の中の車庫入れは鬼畜(ーー;)

1時間半かけてオートバックス入店。
3pmにタイヤ交換の受付。
レジには長蛇の列。
交換用タイヤ、私が購入したブツは、175/65サイズの最後の一組だったことがわかった。

タイヤ交換は・・・4時間待ち((+_+))

待つ想定はしてきたけど、4時間・・・・ 
おーふ





4時間の間に、「一旦外出して、6:30pm前後に再入店する」ことを伝えた。
待ち時間の間に娘1を何とか退勤後に迎えに行き、再びオートバックスへ。
日没後のほうが、R50と主要県道は、午後よりも雪が解けて走りやすかったのが救いだった。

6:30ちょっと過ぎに再入店して、鍵を渡す。
あったかい飲み物片手に、勉強しながら、待つ。
7:30ちょっと過ぎに、タイヤ交換完了〜〜♪


帰宅後、TVの大雪情報を見て、「今日意地でタイヤ交換してきて正解だった」ことを感じた。
今年のこの雪は、例年以上に解けにくい・・・残雪注意!

posted by しば at 22:34| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

[あなたならどうする?] 英検2週間前の「家族deゲーム」のお誘い

おはようございます。

今日はTOEIC日。
私は、自分の受験も、野暮用バイトも、どっちもなく、超レアなTOEIC日です。
英検まで残り2週間だから、バイト申し込まなかった。
年末の気管支炎ダウンのショックから、もう一息立ち直り切ってない感じ。

それにしても、今日のよるほを、コレで迎えるってどうよ???

いくら「勉強なんて糞食らえ」な娘達といっても・・・じゃないんだ。
今回、「久しぶりに家族ぷよしよう♫」って持ちかけたのは、息子なのだ。

喜んだのは娘達。
勉強をすっかり投げても、少なくとも、しばんちにおいて、彼女たちは与党だから。

私、「あぁ・・・息子、今回で2級ゲット決めたいって思ってないなぁ」って感じた。
本気でほしければ、そこは、ゲームしたい欲から、家庭内孤立覚悟で突き抜けるべきところかも。
(ま、だけど、高校生だからなぁ・・・)

そして、突き抜けきれなかった人が、もう一人。

屈辱感を必死に隠しての、深夜の4人ぷよ。


家族の和か、英語力固めか。


「家族とうまくやれば、すべてがうまくいく」とうたう人もいるし、かと思えば、「本気で英語力を伸ばしたならば、家族とさえも距離を置く覚悟をせよ」と語る人もいるし。
ほんとに、究極の選択かも。

しばんちは、各々がばらばらな夢を抱いて、それぞれ好き勝手な方向見てて、だけどゲームがカスガイな親子なため、こういう悩みが生じるんだけどね。
どちらも「英語や勉強、がんばろう」って思う息子と私だけど、彼と私では趣向(文系理系)やテンションが違うから、実際には別館ブログの印象程は睦まじくない。

能力とか、趣味とかの垣根を越えて、人が出会ったり楽しんだりできるのが、ゲームなんだ・・・って思うなぁ。
過去にもあった。

今日は・・・正直、子ども達の顔、見るのが辛い。
特に、娘達の顔は、見るのが辛い。
息子のもだけど、子どもの笑顔って、魔法だよ。
彼らの笑顔見るためならば、いやな仕事とかお使いも我慢できちゃうし、「当人のためにならん」が明白でも宿題代わりに解くみたいな、悪事だってしちゃう。
ホントは英語漬けしたくっても、ゲームの誘いに乗っちゃう・・・



やっぱ、英語の鬼になろう。
うん。
機を見て最終兵器「深夜のマック勉/ネカフェ勉」発動かな。
posted by しば at 10:59| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

[かかってこい!数学(11)] 組み立て家具の中の数学

(注)この記事は、掲載日時よりも後に、回想を元にして書いたものです。


娘1が、「一本ポール型のハンガー」を、ひどく欲しがっている。
新居で(も)使いたいのだそうだ。

彼女は、バッグ類を、クローゼット内に収納するよりも、ラックなどに見場よく掛けて、見えるようにしたいとのこと。
ものが棚などにきちんと収まっているよりも、個人経営の雑貨屋さん的に、「パッと見ごちゃごちゃしてるけど、実は機能的」を目指したいようなのだ。
そのイメージには、何としても「一本ポール型」でなければ嫌だという。

ニトリを見に行ったが、子供用のしか置いていなかった。
「通販かなぁ?」と、あきらめかけた時、「かわいいハンガーを買うぞ!」っと立ち寄ったブルドッグで、現品限りのお目当て物を発見!
ちょっと訳あり品で、トリセツもついてなかったけど、お持ち帰りしてきた。


車に積むために、全分解して持って帰り、帰宅後に組み立て開始。
ネジの数を数え、脚や腕の数を数え・・・「さあ、ネジ留めだ」と始めるも・・・・・

???

「脚を留めるのは長いネジ(ちょうど脚のネジ穴の数だけある)」、「腕を留めるのはやや短いネジ(ちょうど腕のネジ穴の数だけある)」だけでは、どぉ〜〜〜も割り切れない。
寸が合わない。
3本の脚に同時にネジを打って、少しずつ締めていく作戦も、効かない。
長いネジ×6では、しっかり留まらない脚が生じてしまう・・・


高2で理数系の学習をほぼ捨てた(学校の定期テスト対策のみ)しばだが、娘1のコートハンガー(これが正式名:英語ではcoat rack)と死闘を繰り広げる中で、脳内にはこんな図が浮かんでいた。

coatrack_danmen.png


長い方のネジで、脚を1本だけ留めてみて、長いネジの長さと支柱の空洞の太さとを比べてみる。
長いネジは、支柱の空洞の直径の3/4くらいの長さがあった。

「直径の3/4?? これじゃ、長いネジ×6じゃ脚つけられんわ」

「トリセツ的には間違ってるよな」と思いつつ、短いほうのネジ(多分、腕を固定するためのもの)で2本目の脚を付けてみる。
一応、しっかり留められた。

だが、コレをやると、腕がつけられなくなる。
純正の長いネジは6本、短いネジは8本。
言うまでもないことだが、「隠し技」で脚をしっかり留めた結果、長いネジが4本余り、短いネジが6本足りなくなった。


長いネジ1本と、短いネジ1本を見本用に持って、9pmまで開いているホムセンに走った。
店員さんに見本に持ってきたネジを見せて、「見本のブツの短い方よりも長く、長い方よりも短いネジ」を探してもらい、2種類購入。
気を付ける点は、[腕を留める用ネジの長さ < 脚を留める用ネジの長さ]。
腕よりも脚のほうが、パイプが少し太いから、その分を加味する。

長さ20ミリ×8本と、25ミリ×4本の、「見本のブツの(短)<(お目当て品)<見本のブツ(長)」の条件を満たすネジをそろえるのに成功♫

そして・・・

coatrack_red.jpg

娘1が「お持ち帰り」したコートラック、無事組み立て完了(*^。^*)
夫には、「80%オジャンじゃね?」と揶揄されたけど、できあがりました〜〜〜


math_koushiki.png

実際のページはこちら

私の脳内に浮かんだこと・・・ 中学から、みるみる苦手になっていった数学だけど、実生活内では、結構血肉になっていたと気づいた。
「ネジの長さ=(直)円柱の半径」って、思いつけたもの。

数学って、自分の興味関心と関係なく「やれ」「やれ」的に課されるものだけど、日常の中にどっこい生きてる感じ。
「わかんないから、やだ」と投げてしまうのには、もったいないな。

英検をクリアしたら、数学のやり直ししてみるのもいいな。
「理系人、英語再学習」の逆バージョン。
posted by しば at 22:06| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mathematics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

[自分用英語] あの日の「憧れ地点」に立ってみて想った事。

昨年3月下旬。
塾勤務を終えて(帰宅でなく、契約満了で終えて)、だけど「次」の職場が決まってなくって・・・

・・・就活はしてたけど、「これから自分はどうなっていくのか?」とても不安だった時。

ココネのサービス終了予告を見て、iKnow!の会員権を更新した。
「2年目は、元取るまでやり込むぞ〜」 と念じて、クレカ番号を入力したっけ。

元取るまでやり込んでいく軌跡を残したくて、スクショを撮りまくったなぁ。
(昨年度も、その前も、やってた事だけど)

その頃見た、とあるツイート。

「iKnow!で、40週連続ターゲットクリア。Congrats」みたいなやつ。


セレゴジャパン(iKnow!運営会社)がリツイートしてた。
それも、もう削除済みの旧アカウントで見たよ。

だけど、そのツイート、忘れられなくって・・・

昨年度ツイッターで出会った、カツヤさんのこのツイをてこにして、「よし、私もやったる」って思って、2012年中励んできた。

もし今、思うように英語学習がはかどらなくても、希望する部署での仕事ができなくても、腐らずに今の仕事で結果を出して英語を続けていれば、必ず道は開けると思います。見てくれている人は見てくれています。前向きにいきましょう♪
− Katsuyaさん (@self_agenda) 1月 5, 2013



昨年度やってきたバイトは、各種試験監督と、製造系の短期案件。
「もう、夕方勤務の仕事はしないで!」という母の要望を呑んだら、上記のものしか採用にならなかった・・・が実情。
私立学校の派遣教師に応募しようとしたが、夫の反対に遭った。
彼は私に、敢えて公教育現場への復帰を勧めなかったのだ。
そのココロは知らんが・・・

月に1日しか仕事行かないでいると、「再度家庭に引っ込むのか?!」と不安になった。
でも、iKnow!の「週のターゲットクリア」だけは、やめなかった。日課にしようとした。
それを果たすためなら、一人で勉強するためにネカフェ行ったり、カープール内でiPhoneで解いたり・・・みたいな、挙動不審行動で家族に迷惑もかけてきた。

お父さんが寄り道勉強するんならわかるけど、お母さんが寄り道勉強やるのは、正直、イヤ!!


とも言われた。
その時は、「生物学的母だけになっても構わない。今は親子の絆よりも”ひとつ上の英語力”が欲しい」って、心を閉じた。

「覚悟とは、そういうこと」 と念じて。

iknow_studylog_H25_0105.jpg

退職したての頃に、とっても憧れてた場所に着いたから、家族の誰からも褒められたり、ねぎらわれてもいないけど、自画自賛して、進捗スクショをデコリまくり。
イタイですね・・・


>見てくれている人は見てくれています。

ツイッターで応援してくださる皆さんは、「見ててくれてる」って感じてます。
私がアンチ英語な家族と闘うのに大切な武具です。

リアルでも、「見てくれている人」 を、家族以外で最低1人(1家族)確認しました。
彼女(達)は、防具みたいに、誹謗中傷を受けても心折れないようにしてくれます。


家族が「見てくれている人」の中にいない・・・と感じながらの英語学習だからこそ、雑草魂を培えた。
そういう意味では、アンチ英語家族を持ったことも、マイナス要素ばかりではないかも。

40週で止まらず、iKnow!のサービスが続いてるか、自分の命が続いてる限り、連続記録、止めません。
これが、41週目以降の「新目標」。
ラベル:英語 iKnow! 継続
posted by しば at 21:57| 茨城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

湯島詣で。

hondou_yushima2013.jpg

行ってきたよ♪ 湯島詣で。
学ぶ者の聖地。


喪中だった昨年は、水戸八幡宮に行かなかった。
でも、息子が受験だったから、湯島(湯島天満宮)に行った。
お参りをして、合格祈願白ダルマと、交通安全のお守りと、「天神鉛筆」を買って帰った。

yushima_pencils.jpg

息子の高校受験は、実は、第一志望校を外した。
第一志望だけを、外した。
本試験の手ごたえは、それなりにあったらしいが・・・過半数不合格になるほどの人気校だったんで、「少ない方」に入るのは、厳しかったみたい。

それでも、実質第二志望だった今の高校で、かなりがんばれているから、「第一志望校に受かって、ユメカナモードになって、いざ授業始まってみたら全然ついて行けなくて萎えていくより、むしろよかったのかな?」て思う。
だから、今日、お礼参りに行くことにした。


昨年度の合格ダルマと、交通安全のお守りを持って、いざ、湯島へ。
首都高6号向島線上りが、エラク混んでいたので、私のiPhoneナビに背いて八潮南ICからR4経由で本郷に入った。

昨年湯島詣でした時に停めた駐車場は、すでに満車。
かつ、夏場に一人でお参りした時に通った道も、ホコ天になっていた・・・

hokoten_yushima2013.jpg

天満宮入口からは、毎年(喪中でない年の)恒例の水戸八幡宮へお参りする時の5倍〜10倍くらい長い行列が続いてた。
かつ、最後尾まで警備員さんが誘導。
並び始める前にトイレ済ませること推奨。

この参拝ホコ天も、今日までなんだけどね。

今年は、しばんちには受験生がいない。(娘1は、昨年中にAO入試で専門学校内定)
だから、合格ダルマ買ったり、絵馬を書くことはしなかったけれど、お参りをし、息子と私で、それぞれにお守りを購入。

shikakuomamori_yushima2013.jpg

こんなお守りもあるの。(しば用)
来年、コレを収めに、お礼参りに行く必要性ができた。


ちなみに、湯島天満宮は、三が日中に、古いお札やお守りの「焚き上げ」をしない。
今日新たに学んだこと。

さて、寝る前に、もうひと勉強しよう。


ラベル:初詣 湯島天神
posted by しば at 23:13| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

エターナル落ち葉すべり。

今日は夫の実家訪問。

夫の実家から少し離れたところに、里山がある。
小高い丘みたいになっていて、峠には、石の七福神様に守られた、古びた祠もある。

夫の母によると、そこは、豊穣の神様を祭ってあったのだけれど、近年、畑を辞める人が増えたんで、神社として管理するのを辞めたようなのだ。


その祠のある里山というか、丘の斜面は、秋になると落ち葉が一面に積もる。
そこをソリですべって遊ぶのが、夫は大好きだった。
子ども達小学生の頃から、帰省するたび、5人でその「丘」に行って、雪遊び用のソリで落ち葉の上を滑るのが、しばんちのちょっとしたお正月の風物詩。
子ども達3人小学生だった頃は、しばんちにもコレがあった。


でも、今では娘1は年頃の18だし、娘2とてもう中学生。
しばは、「ソリ」って年でもないだろ(゜_゜)・・・て思ったけれど、夫は違う。

その「丘」、帰る場所なんだな・・・

いくつになっても、あの場所見ると、ソリが要るの。
近くのホムセンに立ち寄ってみたけど、ソリは売ってなかった。
段ボールで滑るのを試みたけど、うまくいかず。
やっぱり、あの場所は、ソリでなきゃ滑らないことを、今日体感。


子ども達が小学生時代載っていたソリは、底が割れてしまって、役目を終えた。
次に夫の実家を訪ねるのは、8月盆の頃になるだろうな。
草・・・ならぬ、落ち葉すべりは、夏よりも冬の恒例行事?なんだけど、今年のうちに、「大人も乗れるサイズのソリ」をゲットしておこう。
うん、来年のお正月は、大人サイズソリで落ち葉すべりだ。

うちでは子ども達と公園に遊びに行くのも渋ってたのに、故郷って、不思議なもんだなぁ。
posted by しば at 20:42| 茨城 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

[謹賀新年] 年末年始、験担ぎの禁欲。

明けましておめでとうございます!

「英語学習に、正月休みなし!」をモットーに、おとといから、「年末年始特番封印」を決めて実行中。
今のところ、家族が見る/見たTV番組で、封印できたのは・・・

☆レコード大賞(12/30)
☆紅白歌合戦(12/31)・・・子ども達も見ず。
☆ガキ使「絶対に笑ってはいけない熱血教師24時」(12/31)・・・娘1マッサージ中に、断片的に。
☆実業団駅伝(1/1)
☆サッカー天皇杯決勝(1/1)
☆ほこたて5時間SP(1/1)
☆炎の体育会TV(1/1)
☆嵐にしやがれ2時間半SP(1/1)




結構、封印できてます。
明日とあさっての、箱根駅伝を我慢できるかがカギだなぁ。

ちなみに、もし、12/30〜1/3までの全TV特番を封印できたとしたらば、2004年の年末年始以来 の快挙?になります。

でも、TV封印してる割には、英語の学習時間、伸びてない。
写真いじり時間が長かった。

初日の出2013(その3)

初日の出写真。
生で見た時は御来光が眩しく輝いてたのに、デジイチのモニターに写る画は、なんか真っ暗で・・・
太陽が白か黄色系に輝くように、補正をかけた。
画像補正、すごく楽しいんだけど、英語やった時間は・・・・あぁハズカシイ。

shibanchilog / しば / shiba
元日も、三が日も、目指せ英語学習のコンビニ操業!理想は4時間/日以上。三が日連続でスタプラのみで4時間/日行けたら、記念に何か買っちゃおう(ここには書かない多読多...『iKnow!』 32分, 2 章 http://t.co/aTeDnv8V #studyplus at 01/01 12:48

shibanchilog / しば / shiba
本試験日に、とにかく少しでも多い周数解きたい。
英単語パート2のWhite (初めて語)、65/100正解。今頃iKnow! で昨年夏から秋に超苦戦した単語と再会。
『英検Pass単熟語1級』 15分 100問 http://t.co/Ubf5GfQK #studyplus
 at 01/01 21:17

これに、NHKラジオジャパンのポッドキャストを聞いた時間を足しても、1時間ちょっとにしかならない。
目標4時間/日 とか、豪語しちゃったし・・・

仕事始まったら、勉強時間の絶対量減るから、ガチに、正月期に鬼のようにやらないと、後悔しそう。
毎回毎回、豪語して、かつ、豪語したことをやり遂げる。
コレの繰り返し。

今夜は、眠れそうにないかも。
明日、義母を訪ねて行く時の車内で寝ることにして、今宵はがむばるかな。


なんてかんじの、とてもイタイ英語廃人主婦に、今年も、熱血指導、温かな応援、生ぬるい見守り・・・などを、本年も、よろしくお願いいたします。
posted by しば at 23:32| 茨城 ☀| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。