英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2012年10月31日

[速報] 親子英語は幼児期のみにあらず!

choboenglish_at_rakuten.png

(画像は、クリックで拡大します)

親子英語ってのは、子どもが小さいうちだけしかできない・・・ってどこかで諦めていたけど、それは大きな間違いだった。
いつからだって、できること。

よくあるパターンは、すでに英語と深く関わっている親世代(お父さん、お母さん)が、子どもにも小さいうちから幼児英語、児童英語を授けるって形だけどね。

昨日、息子が、「俺もiKnow!やろかなぁ」と言った。
iPhoneアプリとパソとで体験して、「これは無双だ」とピンときたようだ。
小4あたりに彼の脳内にまかれた「えいごのたね」が、やっと芽を出した・・・ってカンジ。


息子のモチベがどの程度のものかは未知数だけど、思考様式は、しばが呆れることがあるほどコアです。
両親が文系出身だけど、彼は理系です。
理系で英語も好きなら、精進次第で最強(*^。^*)

あまりのうれしさに、しばは息子に、「学習成果をホムペやブログ記事にさせて」と頼み、昨日許諾を得て、楽天に企画を作ったの。
それが、冒頭の画像。

続きは、原文にて。


posted by しば at 20:22| 茨城 ☀| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

画像で振り返る、10月第4週の英語。

10月第4週の学習状況グラフ。

studyplus_log_oct4th2012.jpg

派遣会社でのPC研修を「バイト・仕事」に計上してある分、英語はかなり減りました。
PC操作を、Eラーニング教材で解いた分(約2時間×2日)も、しっかり「バイト・仕事」の棒グラフの中に計上されてます。

学習記録の中に「英語以外のものも計上可」にすれば、「仕事したら、英語学習時間が減っちゃう」と落ち込むことがないです。
学習時間の総量が減らないんで、ポジティヴになれます。

そして、コレは、入れてません。

今日の多聴。日経ウィークリー(Podcast) 通勤時に合計2時間半。洋楽にも邦楽にも疎くなりそうだが、英語磨くために敢えて英語系ポッド。明日も、あさっても、独りで運転の時はそうする。 #多聴
− しば / shibaさん (@shibanchilog) 10月 27, 2012



丸1日バイトだった10/28も、往復の通勤時間は日経ウィークリーポッドを聞いたので、コレを英語学習時間に入れていいのならば、棒グラフももっと長〜〜くなって、「丸1日バイトだったけど、4時間/日やりました〜〜♪」て有頂天な日記やツイートをするんだろうなぁ。


あ、思い出した。
「英語の多聴乱聴は、実態がマルチタスキングだから、効果がありそうで、実はない」という仮説を確かめるために、StudyPlusに入会し、学習記録を付け始めたんでした・・・(^_^;)


posted by しば at 21:17| 茨城 🌁| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

おっきな道標。(後日振り返り投稿)

これが、一番うれしかったかな。

iknow_achievement_30targets.jpg

iKnow! での「ターゲットクリア」の連続記録は、まだ途切れてない。
iKnow!ターゲットクリア週数はすなわち、塾勤務終了後、平日常勤の仕事がなかなか決まらないフラストを、「でも、思いっきり英語学習できるじゃないか」って、塞翁が馬的に常に自分に言い聞かせてきた時間でもあるから。

平日常勤仕事が決まれば、TOEICの点とか、英検の級も、今よりもあまり気にしなくなるだろう。
もしも今の時点で平日常勤仕事が決まってて、勤務始めていたとすれば、自分の英語学習は、きっともっとゆるんでた。

iknow_studylog_1027.jpg

2週間前から、iKnow! で中国語も始めたんで、「英語+中国語で、4時間/週」て目標にしてある。
英語だけで4時間/週は、達成するためには、家にいるか、在宅勤務主体にするかが必要になる。
だが、在宅は、「あの日々」でコリている。

10/21は、3時台に起きて出勤前にiKnow!を解く気合いがあった。
だけど、10/21で、気合いを使い果たした感大。
その前の週も、7日フルに使って、ギリギリで4時間/週をクリアしている。

iknow_core1000step3_dictation_start.jpg

既習コースの例文ディクテは、今ココ。
10/17から開始。
ディクテはiPhoneからできないんで、たとえ毎日何かしら英語漬けができてても、ディクテの成績だけは、毎日やってないと確実に落ちる。
所用のためPCに向かえない事情の日のことを考慮したとして、「スキル落ちても、腐らず、激務でない日々に精一杯取り組む」を積み重ねるのが大事。
ラベル:継続 iKnow! 英語
posted by しば at 23:02| 茨城 ☀| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

PCスキル 〜「好き」なだけじゃあ、できるって証明にならない〜

おとといの派遣会社の説明会時(事務部門)、PCスキルチェックがあった。
エクセル部門が壊滅したんで、昨日からパソコン講習を申し込んで、派遣会社オフィスに行っている。

エクセルの講習。表のコピー、移動、数字入力、演算子入力、オートフィル利用での合計値入力。 『業務要綱』 1時間45分 5ページ stdy.pl/TbVIOU #studyplus
− しば / shibaさん (@shibanchilog) 10月 25, 2012



「茨城の各会社様は、社内のパソコン環境がオフィス2003×WinXPが多いんです。自宅のPCとは違うかもしれませんが、オフィス2003での練習をお勧めします」とは、派遣元のスタッフ。

エクセルの講習を、がんばってます。
派遣会社のe-ラーニングソフトやってると、「あぁ〜、基礎部分をみんな自己流で流してて、できてるつもりになって思い上がってたなぁ」っと、反省する事だらけ。
文字入力の査定は悪くなかったんだけど、ワードの「練習問題」や、応用編とかも、きちんと演習したいって気持ちになった。
英語系もいいけど、こういう資格もがんばるとか、さ。


おいおい。
今書店や通販で手に入るMOSの教則本って、オフィス「2010」だよぉ。
オフィス2010で「自学」して、茨城での仕事用には2003を覚えろって事かい?!

英語も、オフィスも、がんばれって事かなぁ。

事務系は、MOSのグレードを持っていないと、
再就職がとても厳しい



この事に、もっと早く、自分の使用パソがWinXPだった2000年代半ばのうちに、気付いておくべきだった。
ま、今からがんばっても、気付かないまんまとか、気付いても何もしないよりマシだろうけどね。


ラベル:MOS PC 就活 仕事
posted by しば at 22:13| 茨城 ☀| Comment(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

子連れ就活。

意を決して、市内某派遣会社の登録会に行ってきた。

職探し系は、基本、一人で行きたいんだけど、案の定、娘1のひっつき虫もついて来た。
幼稚園入園前とかの、小さい子なら微笑ましいんだが、うちの場合は、18の高3生。
18にもなれば、親の用事に子どもを付き合わすんでもない限り、まず同行したがらないのが多数派だ。
でも、彼女は、ついて来た。

【子連れ就活】 小さいお子さんのいる若いお母さんが、子連れでも入りやすいように、うちの近辺のハロワには「マザーズ」ってブースがある。だがな、四十路半ばの母が18の娘連れて「子連れ就活」てのはどうにも恰好がつかないんでないかなぁ(゜.゜)かつ、彼女の方がついて来たがる・・・
− しば / shibaさん (@shibanchilog) 10月 23, 2012



だけど、彼女の方がついて来たがってるから、「来るな」とも言えず・・・

駐車場で何時間も待つかもしれないけど、いいのかい??

・・・て脅して、「それでもいい」って言ったんで、連れて行ったよ。

そして、終了後、「1件、応募してきた」と言ったら、「なんでオレタチの意見聞かずに勝手に応募するんだよぉ(-"-)」と、逆に説教された。
「ワタシノ」就職だよ・・・ て言ったけど・・・


こんな感じに、しばんちは、母と言い、娘1と言い、私の就職先に興味津々で、私の意思決定に少しでも多く関わりたがるのだ。
「関心を持っていただいてる」と考えればありがたいのだけど、ちょこっと荷が重い。
「彼女たちが気に入る職場に就く」とか「彼女たちの気に入る行動する」をやってないと、こき下ろしに遭うからなぁ・・・

「他人の事を、自分の事のように気に掛ける」のは、優しさなのか、愛情なのか、束縛なのか???

posted by しば at 22:40| 茨城 ☀| Comment(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

画像で振り返る、10月第3週の英語。

StudyPlusで、ながら勉強を除いた、「真に教材などに向き合った時間」を数えることにも、少しずつ慣れてきた。
StudyPlusに合わせて、週ごとの学習の「周期」を、変えようと思います。

今までは、カレンダー通り、日曜開始→土曜締め だったけど、今週(実際は先週の月曜)から、月曜開始→次週日曜締め で、学習の様子を画像で振り返ることにします。


studyplus_log_oct3rd2012.jpg

StudyPlusの、週ごとの学習量棒グラフ。
濃い緑の部分が、英語に充てた時間。
他の色のところは、それぞれ、仕事系、日本語/国語、中国語。

StudyPlus入会当初は、「英語を、40時間/月、聞き流しなどのながら系なしで学習」だった。
しかし、学習内容を「カテゴリ分け」していったら、それぞれのカテ分も別個に学習時間に加算されていって、

studyplus_targettime_permonth.png

ジャンル問わずに、87時間/月勉強せよ

・・・て目標に、書き変わってたよ。。。
英語多聴はもちろん計上しないし、洋書読みを始めるにしても、多読もここには計上予定なし。
だから、87時間/月・・・って、[iKnow! を4時間/週 英中合計] よりも、難易度高いよ。

「87時間/月、英語の多読多聴を除く」は、本当に達成できるのかなぁ?
いや、難しいのは確かだが、挑む価値はある。
世界を広く探せば、すでに実践済み者はいるのだから。
 「一日最低10時間は勉強しているね。特に英語は毎日一人で音読しているよ」と話すのは北京大学の21歳の学生。その圧倒的な勉強量に驚いた。 / “熾烈な競争勝ち抜いた中国エリート大学生 “ゆとり”日本の未来は明るいか (1/3ページ) …” htn.to/hNduhJ
− HALさん (@HAL_J) 10月 21, 2012



以下、おまけ画像。

webliotest_121009_centertest.jpg

webliotest_121013_eiken2nd.jpg

ウェブリオ語彙力診断テストの成績推移グラフ。
上が、センター対策問題。下が英検2級対策問題。
大学入試系や、取得済みの英検級の問題も、「常に100%正解」を目指して、一番下から解く。
もう少し棒グラフの本数が増えたら、ウェブリオテストについての記事書こうっと。
posted by しば at 22:10| 茨城 ☀| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

中国語に再チャレンジ。

意を決して、ココを基盤にして中国語に再度挑戦。

iknow_chinese_core500step1_start.jpg

かなり忘れてしまっているけれど、続けば、英語みたいに軌道に乗せられるかもしれない。
いや、「かもしれない」じゃ、二度あることは(ry になっちゃうから・・・

軌道に乗せる!

そのために、英語を続けていく柱のiKnow!で、中国語のコースも取ったのだ。

6年前の春、勇んでラジオの中国語講座を始めた。
月曜〜木曜の「入門編」も、最初の2か月くらいしかついて行けなくて、テキストも徐々に積読本と化した。
いみじくも、中国語日記ブログに挑戦したことさえある(全く続かなかったけどね)。

英語は、歴史的事情により、NHKラジオ講座をさんざん聞いてから、中学校の宿題や提出物でさんざん英単語や英文の筆写をやってから、タイピングを覚えた。
中国語は、PCやインターネットが十分に普及してから学びだしたものだからか、手書き筆写をしなくても、ピンインを覚えれば入力はできるようになる。
ピンインは、英語と違う部分も多いけど、「簡体字にローマ字で読み仮名つけた」って思えば、意外に親しみ持てる。


ラジオの中国語講座は、すぐ始めるかもしれないし、やらないかもしれない。
中学生〜大学生までの自分は、NHKラジオ講座が一番のペースメーカーだったけど、今の自分は、NHKラジオに学生時代ほどの執着がない。
でも、iKnow!は、ターゲット達成のメダルをスクショ撮ってブログUPしてしまうほど「決めたノルマクリア」に執着してる。
そんなもんで、「iKnow!で中国語やれば、きっと習慣化できる」って、根拠のない自信を持てる。

ラジオ講座はともかく、まずは「iKnow! de 中国語」を、30日続けることにする。

posted by しば at 21:09| 茨城 | Comment(0) | 汉语 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

[自分用英語]リテンションを鍛えるディクテーション法。

iKnow!の、学習済み単語の復習として、ディクテーションをしてる。
「一番最初の単元から、ディクテしてみよう!」を企画して解いてる。

有料化後のiKnow! だと、「Core500」。
無料時代のiKnow! の問題だと「[Legacy] 基礎英語」かな。

初級用・・・て書いてあるから、iKnow!で単語や部分ディクテする分には楽ちんかもしれないが、

全文を、1回聞いたのみで、正確に入力する

のは、結構キツイの。
例文の中の、iKnow! に出題されてる単語と違う単語を聞き取れなかったり、聞き漏らしたりすると、そこから先の入力が進まなくなっちゃう・・・

そんなわけで、「解き方スタイル」を固めてみることにした。
Core1000ステップ2の途中からやってみて、イイカンジだったので、「Core1000ステップ3」から本格適用。

iknow_core1000step3_dictation_start.jpg

具体的な手順は、下にずら〜〜っと貼った、スクリーンショット画像を参照してくださいね。
画像をクリックで、拡大します。



(1) iKnow!のディクテーションを始めると、問題(フルモードの場合)、こんなふうに出ます。

iknow_dictation_step1_justlisten.jpg


(2)例文読み上げ(1回目)が済んだら、聞き取ったものを入力。

部分穴埋めならば、空欄箇所を集中的に聞けばいいですが、全文を生めるとなると、もはや「暗写」(=暗唱の書きバージョン)です。
でも、より英語を使う「現場」に即してる、って思えてきませんか?

iknow_dictation_step2_ansha02.jpg

とっても単純な単語も、話し手の「話し癖」や声色などで、一度聴いただけじゃ聞き取れない、最悪、別の新しい単語に聞こえることもあります。
(恥ずかしいけどさ)

iknow_dictation_ansha03.jpg

1回でキャッチできた範囲ギリギリを入力し終えたら、納得いくまで何度も見直し。
(ヒント利用も含む)
納得できてから、右下の「はい」を押して、解答を確定。

(3)解答の正誤

iknow_dictation_step3_answer.jpg

1回で聞き取れた場合はもちろん、何度聞き返しても、最初に「はい」を押した時点で入力されていた英文が正しければ、○ をもらえます。

iknow_dictation_step3_answer02_usehints.jpg

「ヒント」は、1回目の「はい」押しの前にも後にも使えます。
そして、どちらの場合も、ヒント利用をして正解した場合は、○は取れません。

iknow_dictation_step3_answer03_mistaken.jpg

「聞き取れている」文と、「聞き取りに課題有」の文を仕分けする時は、○が取れたか取れなかったかで分けます。
△だった分は、「課題有」に分類。
慣れてきたら、○を取れた文をさらに細かく分けて、「1回で全部正確に入力できた文」と、「何度か聞き直して正解できた文」とを見比べると、どんな語句、音素、文ストレスが強く、あるいは弱いのかもわかってきます。





posted by しば at 21:36| 茨城 🌁| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

iPhoneをフォーマット。

昨日、息子にtel した時、なぜかどんなにかけても通じない。メールも来ない。
最後には、「お客様のおかけになった番号は、お客様の都合により、発信できなくなっております・・・」て自動応答が鳴るし(ーー;)

自動応答の理由は分かったの。
先月ジリ貧で、携帯代未納ってしまった・・・
コンビニ払い用のはがきも失踪したんで、auショップに払いに行った。
ひもじぃ〜〜!

でも、auショップで先月分の携帯代を収めた後も、メール不通は解消せず。
Softbank iPhone4使用の夫にテスト用のメールを「メッセージ」として送ったのは、受信できた。
au iPhone4S使用の息子への「メッセージ」は×。
auガラケ使用の娘2へ「メール」も×。

なんでだろうなぁ??
すごく焦ったあまり、「auのiPhone4SでiOS6入れた方で、メール不通な方いらっしゃいますか?」的なツイートまでしてしまったよ (-.-)


「あまりに直らないなら、データバックアップとフォーマットまで家でして、明日ショップに持って行って直していただこう」と思い、iPhoneフォーマットまでして、就寝。

そして、一夜明けて今日。


「最後の悪あがき」的に、au iPhone でのメール設定法をあれこれググって、試行錯誤の末、自力で直せたよぉ!
「メール」と「メッセージ(MMS)」との違いの不勉強が、メール不通に気付くのが遅くなった要因のようだった。
あと、iPhoneにとっての「メール」と、ガラケにとっての「メール」が、私たちユーザーにとっては同じ「メール」でも、端末にとっては違うものの送受信を想定してるってことを、今回の件通して初めて知った。

以下、がんばって設定した経緯を記録。 (クリックで画像大きくできます)




昨日フォーマットしたiPhoneの「設定」をタップして、メールとメッセージ部分を「再設定」。

「設定」→「メール」をクリックしたら、こんな画面が出た。

iPhone=iOS6_emailsetting_account.PNG

「◎Eメール」ってところが、キャリアメール(auだと「@ezweb.ne.jp」)のアカウント。
この画面をさらに下へ下げると・・・

iPhone=iOS6_emailsetting_account02.PNG

「デフォルト」アカウント・・・てとこがある。
ガラケのメール設定と大きく違うとこだから、注意。

ガラケでは、「メール」というと、キャリアメールだけ。
パソのメールをガラケで見るためには、「PCメール」(auガラケの場合)などのアプリに、送受信したいパソメールのアドレスやパスワードを入力する。

だけどiPhoneの「メール」は、auガラケでいえば「PCメール」みたいな使い方を想定して作られてる。
「どのアカンとを追加しますか?」みたいなのが出て、そこには、YahooだのグーグルだのHotmailだのずらずら・・・
iCloudと紐付けすれば、「iCloudメール」と称するアドレスがオマケ的について来るし。

そして、iPhoneの「メール」 ≠ ガラケの「メール」 をとっても強く印象付けた事は、「デフォルトアカウント」の所に「◎ezweb」を入れると、ezweb.ne.jp宛てメールをiPhone「メール」で送受信できない事。
(iCloudメールでなくても、パソメールのアカウント入れればOKです)

ここまでやって、娘2のガラケへテストメール送った。
送信できた!
そして、娘2ガラケからレスってみたら・・・

娘2ガラケからのメールは、@ezweb.ne.jpの受信箱に届いてなかった・・・

????


そこで、「MMSとは?」の学習になるのだ。

iPhoneでは、「MMS」をやり取りする場所は、「メッセージ」。
ソフバンのガラケには、早くから「MMS」てコマンドあったけどねぇ。
iPhoneカスタムのサイトやブログで調べたら、iOSでは、ソフバンのキャリアメールに限らず、「ガラケのメール=MMS」と認識するようだ。
早速、「メッセージ」の設定をチェック。

iPhone=iOS6_emailsetting_message.PNG

「MMSメールアドレス」にパソメールのアドレスを入れてしまうと、ガラケからiPhoneの「@ezweb.ne.jp」にメール送った時に、記載されたパソメールのアドに届いてしまう。
(そのままレスすると、パソメールのアドレスが拡散する)
なので、「MMSメールアドレス」の部分に、ガラケやアンドロイド機の頃から親しんだ@ezweb.ne.jp のついたアドレスを入れる。

そうすると、ガラケ時代とおんなじ感覚で、iPhoneでメールのやりとりができる。
めでたし、めでたし(*^。^*)

iPhone_homegamen.png

ガラケ使用の方にメールする時は、「メール」→「◎ezweb.ne.jp」をタップして、レスったり新規で書いて送る。
iPhone同士なら、「メール」の他に「メッセージ」で送ったり、Facetimeが使える。

(注)ガラケ使用の方に「メッセージ」からメール書くと、相手には「ショートメール(ドコモ)/ Cメール(au)・・・」として届く。
「ガラケの人は、ショートメール/Cメ利用率低いこと多いから、見逃されやすいよ」・・・息子談。

posted by しば at 21:34| 茨城 ☁| Comment(0) | PC/IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

画像で振り返る、10月第2週の英語。

英語学習1000時間クエストの他に、StudyPlusにも学習記録をつけるようになって、「しっかり教材類に向かう事」にこだわれるようになったよ。
ただし、「家事しながら英語」・・・またの名を「英語しながら家事」が減ったんで、「家事もやってるぞ」印象が薄くなった。
トホホのホ。

iknow_core1000_dictation_start.jpg

iKnow!の、ボキャ部分は学習終了してる問題の、例文ディクテーション。
今週から、Core1000ってシリーズの例文を聞いては打ち込んでる。
聞き取り慣れしてきたのか、聞き直し回数は先週までより減ったけど、その分、タイプミスは増えたなぁ〜って感じる。

iknow_core1000step1_dictation_comp1011.jpg

10/7(日)、つまり、週の始めの日曜日に、進捗率15%から始めたこのコース。
1セット20文を、1日当たり3セットは聞いて打ち込んでたなぁ。
「家事はどうしたぁ」って怒られたけど。

iknow_core1000step2_dictation_start.jpg

金曜日は、あんまり「英語、英語」って言わなかった。
午前中に、下痢と下腹痛に苦しんで、寝込んじゃったのだ。
夜になって、下痢も下腹痛も収まってから、「やべぇ」って感じで英語始めても、調子上がらず・・・

週通してのiKnow! での学習進歩がこんな感じでぇ・・・

iknow_studylog_1013.jpg


StudyPlusでの学習記録も、初公開!
こちらは、「英語学習1000時間クエスト」内で「多聴」は学習時間に数えず、洋書の「多読」は、単純に読むだけの場合、棒グラフオレンジの部分(カテゴリなし)に分類することにしたよ。
洋書読むんでも、わからなかった単語や熟語を書きだして調べて・・・とか、SVOCつけて・・・をやったのがある場合は、「英語学習」に数えるけど、それ以外は、日本語の本の読書と同じ扱いにする。
(・・・という事は、日本語の本読んだ時間も、StudyPlusでは学習時間に入ってくるってこと)

workload_oct2nd_studyplus.jpg

なんたって、棒グラフ黄緑の部分は、「バイトのためにする勉強」の時間。
実は、バイトのマニュアル読んで、就業規約に関するテストに回答・・・の時間も計上されてるよ。
「英語学習1000時間クエスト」が英語に触れた時間の記録ならば、StudyPlusは、教科・領域を問わず何かに集中して(マルチタスキングせずに)取り組んだ時間の記録。
スマホからでもつけられるところが強み。
アプリのおかげで、付け忘れ少ないよ♪

posted by しば at 22:12| 茨城 ☀| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。