英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2012年01月31日

[自分用英語] とにかく継続させること。

自分ちの受験生や、受験を控えた教え子たちの受験勉強が佳境を迎える頃は、教え手はもう次の年度へ気持ちを切り替え始めていたりします。

完全に切り替えるんじゃないけれど、繁忙期ではできないことを、今のうちから始める・・・て感じ。
予備校の先生の中には、「受験生が一番忙しいころは、冬眠」とおっしゃる方も(*^。^*)

「英検1級に挑戦(=一度は試験を受ける)」って、抱負で豪語してしまったからなぁ。
とはいっても、英検何級受けるにしても、基本は大事なんで、今日は、カゼッピキであまり話したくなくてもやれるコレをやったの。

cocone_coconedera_factory_50blocks.jpg

解答スピードを素早くするのって、ある意味リズムって感じた。
「リズム」は、毎日やってないと、保つの難しいや。


みんなの英会話奮闘記

ラベル:英語 ココネ 文法
posted by しば at 16:35| 茨城 ☀| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

[自分用英語] ココネに復帰。

coconedera_1030.jpg

とても、とても、久しぶりに、ココネにログインした。
そして、ファクトリー(並べ替え問題)と、ステルスキャット(単語のディクテーション問題)を解いた。

単語は、かなり忘れてた。
昨年秋までは、ステルスはダイヤメダルを取りやすい場所だった。
だけど、単語自体を忘れちゃった今日は、苦戦したよ。
気合いで、60ブロックまで解いて、ダイヤ化した。

cocone_coconedera_stealth_60blocks.jpg

ファクトリーは、正解するので精いっぱい。
並べ替え問題は、仕事としても解いてきたから、間違って悔しい思い・・・てのはなかったけど、「正解できればいいや」って気持ちになっちゃってた。素早さが足らない。

話変わるが、スマホにレアジョブのアプリを入れた。
無料体験をしてみようと思うんだが、そんな時に限って、風邪の餌食。
娘2もずっと風邪だったし、職場でもなんか流行ってるし、時間の問題だったんだけど・・・せめて重症化せずに乗り越えたいもんだ。
レアジョブはじめとするオンライン英会話が定着しそうならば、iKnow!を来年度も課金するか微妙だ。
LingQも無料アカウント持ってるのだが、こちらは「課金してからが本番」だし、利用しまくれば効果絶大なのも感じるが、手続きできずにいる。
話す系メニューは、英検対策などに強いかどうかも考慮して、慎重に決めよう。

まあ、やっとこ自分用の英語ネタを書けて、よかった。

みんなの英会話奮闘記



posted by しば at 20:21| 茨城 ☀| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

寒さに負けず、桜、咲け!



先週末、コレ、逝きました。
ピンク系の文具を持つのは、小学3〜4年生以来。

中学時代は、当時の流行りのキャラものだったし、高校時代は黒系にハマった。
大学時代、もう一回キャラもの系に行って・・・その後は、ゆっくり文具選んでる気持ちの余裕なくなった。
文具に再び少し凝るようになったの、つい最近。かつ、こだわりポイントは、「人とかぶらない」。

この濃いピンクを買うの、正直照れくさかった。
自分、ピンクって柄じゃない」って、ず〜っと思ってきたし。
でも、柄が「サクラサク」のイメージだし、これまでの自分の殻を破ってみたいって感じてたから、勇気を出して逝った。

息子の進路にも、教え子達の進路にも、桜咲くといいな。
そのためには、まず、自分の心の中の桜のつぼみからふくらまそう。


みんなの英会話奮闘記



続きを読む
posted by しば at 16:07| 茨城 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

インフルがやってきてるぞ・・・


職場で、「インフルになっちゃった」の欠席電話が増えてます。

先週から、ぼちぼち出てきて、昨日など、同じスタッフが受け持つ2名中2名インフル・・・という悲しい状況も起きました。
予防接種しても、絶対かからないわけではないのだとか(-.-)


息子のクラスでは、「全員マスク着用令」が出ました。
彼、マスクをまるまる1箱学校にストックしてます。

私がリアルにインフルになってしまったのは、一番最近だと2009年。
3月にB型、11月に新型・・・て、1年に2度かかってしまった((+_+))
同年、息子は、A型、B型、新型・・・と全種かかった。。。

そろそろ、勤務時にマスクが要りそうだな。


みんなの英会話奮闘記



「あの日の自分」その後
posted by しば at 15:56| 茨城 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

あの日の自分、あるべき時と場所に帰れ!

最近、どうにもこうにも、疑心暗鬼になって困る。

毎年この時期になると、「来年度は契約更新あるんだろうか?」って不安になる。
2月から週3日出勤になることを、「もしや降格シフト?」って思ってしまった。まだそうと言い渡されてもいないのに。

「私のやってきたこと、どこか場違いな点があっただろうか?」
「私は、査定大幅ダウンにつながることを、してしまったのだろうか?」


---てな感じの事が、退勤後の道中や、家の車庫で、脳裏にグルグル渦巻いてしまう。
ちなみに昨年度は、今頃に、「来年度、残れますか?」って上司から聞かれていたし、1月〜2月期のシフト変動がなかったので、今感じるような不安は感じずに済んでいたのだが・・・

こんな暗い想像をしてしまうのも、過去に実際経験したから。
3年前の春のこと・・・
貧血との診断を受けて、鉄剤飲んで、眠気と格闘しながら社食の仕事してた頃。
何度メモしても仕事を覚えられない、あるいは、手順は合っていてもスピードが遅くて、散々だった。
「雰囲気で感じ取れよ」って数回上司から退勤前に呼び出され、キレタ勢いで解雇を言い渡された事もあった。(実際は自己都合退職になってるけど)
そんなもんで、「言い渡されるようじゃ遅い。事前に気付いて悟って回避しないと、来年度の自分の席はないぞ」って気持ちが働く。

でも、今年は、仕事に関する決断は特に、上司に言う前に、別の方にセカンドオピニオンを求めるようになった。
昨日、勤労相談の窓口に電話をした。

「最近言い渡されたシフト変更に、裏があるように思えて不安です。何か社則に触れるか、社に不利益を与えることをしてしまったかもしれない・・・て気になります。環境変えて、仕切り直したい、という転勤希望理由は、理にかなっているでしょうか」

ーーーと。

相談員の方は、「今の部署、そんなにまで居づらいですか?」 と前置きしたうえで、こうおっしゃった。

「あなたは、生徒理解のためにまず自分のことをある程度カミングアウトして、それが元で直接受け持ってない最低1人と(彼女の保護者が嘆願telしてきたことを確認したので)生理的レベルで決裂してしまった。一生懸命生徒と向き合った結果の決裂で、かつ決裂したのはあくまで”一部”でしょ?現に受け持ってる生徒の保護者からクレームを受けたわけではないでしょ??たまたま運悪く決裂してしまったけれど、報告受けたのは1人なんだから、不安材料ではあるだろうけど、実際はごく小さな事。他のできることや役割(たとえば、高校受験生、大学受験生と共闘すること)をしっかり果たせば、小さな事は気に病まなくていいんです」


電話相談をしてみて、「もう1年、今の所でがんばってみよう」という気持ちにはなったけど、心からはほっとできていない。
今後の損得を考えてしか「今の所でがんばってみる」って気持ちになれない。
「言われるってことは手遅れ!」ていう、社食時代の上司のプレッシャーワードが心にのしかかる。
今の上司は、あの人とは違うってわかってる。
今の職場は、3年前の社食とは違うってわかってるけど・・・これからのシフトのコトを考えると、心だけ、過去のあの日に一瞬で逆戻りしてしまうんだ。

なんで、心が過去に飛んで行ってしまうんだろう?
「今の職場には、私だからこその仕事がある」って念じても、「今はあの頃とは違う、大丈夫」って暗示かけても、「無理して全員に好かれなくたっていいじゃん」って言葉を子供たちから繰り返しもらっても、この思考をどうしてもぬぐえない。

場のリーダー的な人と対立したり仲違いしてしまったら、アウト


これにも、実体験がある。
転入したての小5の2月。30ン年前だ。
今思えば、明らかに私が世間知らず過ぎたための、自業自得なミス(学級の回覧ノートに、小さな規則破りのコトを書いてしまった)。
4年前に中学の同窓会をした時に、私が約14か月間、当時の所属クラスの女子大半に口聞いてもらえなかった真相が明らかになったのだが、それは私の予想とは違っていた。
私が、当時の学級のボス格だった女子の片思い男子に消しゴムか色ペンか貸した様子に、嫉妬を覚えたから無視を決めた・・・のだそうだ。
誤解もいいとこだ。
だけど、「あの時はごめんね」と言われても、しばはお詫びを受け取れるかわかんない。それ以上に、自分が自業自得的なミスをしてるから、「無視されるって報復受けても仕方ない」って想いが強い。表面ずっと独りですごすうちに、寂しさに鈍感になるというか、衝突を回避したくなっていた。
「自分が独りでいることでクラスのバランスが保たれてるのなら、しょうがないのかなぁ」って。
(実際は・・・中学に入ってから、当時のメインメンバーと一度も同じクラスにならないことにより、事態は自然消滅的に解消した。)

今回の仕事面の悩みは、仕事中に、たまに「33年前の自分(の思考回路)」が時を超えて顔を出してしまうために起こっている。
なんで、30年以上も前の自分(の人格の一部)が、現在にまでやってきて、私を捕らえてしまうんだ。
数分前、数か月前の出来事にも、簡単に忘れちゃうことあるのに・・・

それで、あんまり気になるんで、「前世占い」をやってみた。
若干、神頼み的に課金(現世で気を付けるべきこととか、開運ポイントとかは有料なの)。
そうしたら、「前世の自分は江戸時代に生きて、一挙手一投足で重用されるか虐げられるかが決まってしまうような、サバイバル的な生活環境に身を置いていた。生涯でたった一人の人だけ愛して、その人とは破局したけれど、それでも思い出だけを頼りに一人きりで生き抜いた」・・・て出た。
どうやら、一つの衝撃的出来事を忘れられなず、こだわってしまう性分は、今に始まったことではないみたい。
そして、思い出だけ頼りに生きたために、自分を愛してくれる人に出会っていても気付かないまんまだったようだ。


前世は、こんな感じだったけれど、今、変わることで、来世は変えられるのよね。
今は、「3年前の自分と、33年前の自分、とてつもなくつらかった」って言うのを振り返って、ちょっとビフォー以上にヤバイです。
涙だけが、さめざめと出るの。
嗚咽もしない。
だけど、健康本に、「泣くのは心の洗濯」て出てたから、トラウマ克服は泣ききらないと始まらない、とは思ってた。

【送料無料】最新医学常識99

【送料無料】最新医学常識99
価格:580円(税込、送料別)



時代は、変わったんです。
今は、前世では見えなかった「自分を愛してくれる人(エロイ意味じゃないぞ(*^。^*))」、片手で数えられる程度だけど、いるの感じます。
照れるなぁ・・・
自分がその行動を捧げた相手に自分の意図がきちんと伝わってれば、それでいい事なんだよね。

これから仕事なのに、脳内も顔も昨夜からずぅ〜っとグチャグチャなんだけど・・・
でも、今後自分に素直に、謙虚に生きてくためには、必要なステップだって感じる。

文面が暗くてゴメンナサイ。
これから先にもっと元気になるために、今しばらく、泣き切ることを許してください。


みんなの英会話奮闘記

posted by しば at 23:53| 茨城 ☁| Comment(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

[卒業カウントダウン] はじめから期限付きの出会い。



旅ダチノウタ AAA 歌詞情報 - goo 音楽


息子や教え子たちの卒業カウントダウンとともに、次年度での新たな出会いの気配も感じる、今日この頃。

振り返れば・・・(ちと早いけど)、今年度は、いろんな意味で、「変!」だった。
「変」だったけど、総じて楽しかった。
変わるきっかけになったし、地味な幸せも感じた。

こんな年度は、涙で別れるよりも、さわやかな別れ方をしたいな。

今共にいるのは、今年が、偶然お互いの行く道の交わる点で、一休みしてるようなもの。
一休みが済んだら、また、それぞれの目指す方向に進む。

・・・こんな感じの、別れ色も出会い色も、淡い感じで、むしろちょうどいい。


ラベル:卒業 年度末 異動
posted by しば at 13:31| 茨城 ☁| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

[美容/健康] これは誰が使うでしょうか?


ついに、コレ逝きました。

コレを初めて見たのは30年前。
私の祖母が、健康雑誌「壮快」とか「安心」で見つけて購入したやつ。

娘1の腰痛や背中の張りが、なかなか取れない。それでいて私がもむのだけでも限界を感じて、ゲットしてしまった。
これなら、彼女自身がゴロゴロしながら腰や背中をほぐせるから。

今日買ったやつには、30年前にはなかった「強さ調節機能」がついている。
今の所は最弱に設定してるけど、十分にほぐれるよ。

強さ調節機能のないやつは、ピンク色でオサレだ。

すごいかわいいよ!

私もちょっと借りてみたけど、かなりハマルかも。
車の中に持って行って、車内仮眠の時に指圧すると、とても幸せな気分になる。
あぁ〜、私も年取ったもんだ。


みんなの英会話奮闘記

ラベル:肩こり 腰痛 ツボ
posted by しば at 23:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 美容/だいえっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

続!今年のセンター試験の問題

おととい、「今年の」だと思って、センター試験の公式サイトから刷り出しした問題は、実は・・・過去問でした(~_~;) 
センター試験の運営者サイトでは、今年分の本試験問題を掲載してないんです。

ま、落ち着いて考えれば、無理ないよね。
「追試」あるもん。

んで!

「今年の」センター試験の問題はネットではどこにあるかというと・・・

ココなんです。

centerexam2012_asahicom.jpg

予備校のサイトからもDLとか印刷はできます。

asahi.comの場合、英語リスニングの音声は、Quick Timeで再生・・・になってます。

centerexam2012_eigolisteningtest.jpg

PCに取り込むには、ひと手間かかります。
今使っているPCに、クイックタイム又はリアルプレイヤー、あるいは両方がインストールされているか確かめてからの作業になります。

しばんちでは、今、にわか印刷屋さん的にプリンタが動いてます。
印刷中は、ブログも書けるし、同時進行が利くんだが、大変なのは刷り上がった後です。
地道なファイリング作業が待ってます。

A4-Sの2穴ファイル切らしてた(・.・;)



みんなの英会話奮闘記



posted by しば at 13:17| 茨城 ☀| Comment(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

「今年の抱負」守れてる度チェック(1)英文日記

英文日記100件/年 以上

---を豪語したし、他にも後に引けない事情ができたんで、この際だから、今年はガチに英文日記に取り組みます。


思い起こせば・・・英文日記は、9年前に初めてネットに上げたんです。
2003年の9月。
その当時は「ブログ」が出回ってなかったよ。
コメント欄とかない、「ウェブ日記」って呼ばれるツールに書いてた。
(まぁ、ブログも、RSSやPingを飛ばさない設定にすれば、ウェブ日記とおんなじだけど)

日記の更新比率は、日本語 : 英語 は、9:1 だった。
今でも平均してそうだと思う。
「年間100件以上書くぞ」って目標立てた年は、あと一歩及ばずで、英語タウンブログに98件/年 書いたんだけど、それが英語日記更新率のこれまでの自己最高値。
コレを超えるとなると・・・

日記の更新比率で、日英が入れ替わるかもしれないよ(・.・;)


んで。
今日がむばって書いた英文日記なんだが、大間違いをしたことに気付いた。
今は直してあるけどね・・・でも、その「ビフォーver.」を、ちらっと公開です。
文法内容としては、「疑問文を表す節」。高校1年の学習内容。

この「ビフォーの文」の致命的間違いに気付いて、間違い箇所を正しく直そう。
コメント欄に書き込んでおッケーです。

My son has his first entrance exam tomorrow.
I wonder if he’s prepared enough for his exams or not.


ヒント:
(1)間違い箇所は、2行目の文にある。
(2)間違いの直し方は、2通りある。

コメントだと気が引ける・・・て方は、こちらを使ってね。
messagespot.jpg

どちらも、サイドバーについてるよ。

今月から、スカイプを「練習?」し始めました。
アカウントお持ちの方は、チャットで解答・・・もアリです。


みんなの英会話奮闘記


進捗状況3件/100件目の英文日記
posted by しば at 15:09| 茨城 ☀| Comment(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

今年のセンター試験の問題

今年のぶんの、センター試験の問題を、紙出力した。
英語(筆記&リスニング。リスニングの音声もCDに焼こう)と、数1Aと数2B、あと、国語をそろえた。
解答も付けた。

センター過去問は、過去3年分くらいは、ネットでDLできる模様だ。

買わなくてもある程度は手に入ることが分かったので(解説はまだ刷ってない。もしくは解説のために自分で解く)、とりあえず、英数国は、文系/理系とも選ぶ生徒が多いんで、印刷してファイル綴じして納品するよ。


みんなの英会話奮闘記

posted by しば at 21:44| 茨城 ☁| Comment(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。