英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2011年03月28日

[復興Vロード] 今度は、単1電池ショックかい?!

Panasonic アルカリ乾電池単一4本シュリンクパック LR20XJ/4SW
Panasonic アルカリ乾電池単一4本シュリンクパック LR20XJ/4SW
クチコミを見る

ないのだ。

どぉ〜〜〜しても、コレが、ない。

どの店にも、置いてない。

しばんちでは、コレがないと、懐中電灯よりもヤバイものがある。

台所の、コンロだ。
うちのコンロ、単1電池×2で点火させる式なの。

懐中電灯から抜き取ってコンロに入れて使ってたけど、それが、切れたのだ。
停電以上に、日々の食事作るのに困る。


おいおい、もし単1電池が手に入らぬまま今の電池がなくなったら、常時カセットコンロでおかず作るのかい??
イワタニ カセットフー エコスリム 【エコ燃費&スリムボディ】 CB-ECO-SLIM
イワタニ カセットフー エコスリム 【エコ燃費&スリムボディ】 CB-ECO-SLIM
クチコミを見る


---なんて心配をしていたら、夫が単1電池を持って帰宅した(^。^)


しば: え、単1電池売ってるとこあるの???


夫: たまたま入ったコンビニに、1パックだけあったんだ


超〜〜〜うれしいぞ!


夫、GJだ★♪

夫が単1電池を見つけたのは、茨城町某所のようだ。
こりゃ、今度の丸一日オフ日には、ロックシティをチェックかなぁ。


大きな地図で見る



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン


posted by しば at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

[復興Vロード・英語特化編] 仕事再開!・・・すると自分用英語学習記録を覚えてられなくなる件

3/23(水)から、仕事再開。
3/24(木)からは、春期講習。

さぁ、気合い入れていこう〜〜〜


---って、春期初日はやや早めに出社するも、道路がべらぼうに混んでて、事務所入り目標にしてる「授業開始30分前到着」が果たせなかった。。。
25分前到着・・・(全然遅刻ではないんだけど、なぜだかしばはその日の1発目の授業前に30分必要なの)


春期講習前に、使用テキストの下見が満足にできなかったんで、即興授業が何本もある感じ。
新中2生の授業でも、生徒の在籍中学が違っちゃうと教科書が違う(特に公立と私立は全然違う)し、同じ板書ができない。
どの学年を受け持つんでも、学び手の英語の習熟度によって、たとえ板書案を用意しておいても、同じ板書を書けるとは限らないし、授業の流れによっては、用意した板書案が使えなくて即興修正することもある。

正直、授業中が一番英語の勉強してる気がするのだが・・・・・


結局、「確かに英語勉強してるぞ」って証拠になるものが、iKnow!のチェックポイント到達時のスクリーンショットくらい・・・という悲しい現状orz

iknow_checkpoint14

iknow_checkpoint15

iknow_checkpoint16

iknow_checkpoint17

iknow_checkpoint18

iknow_comp_kisophrase1

教材研究まで加算すれば、もう少し学習時間増えるのかもしれないが、いつ、どのくらいやったのかパッと思い出せなくて、1000時間英語クエストの記録簿につけられないの。

トホホだなぁ。。。



125_41_z_birdsgreen

ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン


続きを読む
posted by しば at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

[復興Vロード] 「メロメロパーク」にて募金

PC版でしか直接見られないんだけど、息抜きに訪れる「メロメロパーク」で、募金活動をしてるのを見たの。

meromero_bokin

実は、有料版アイテムなんだけど、そのうちの垂れ幕が、結構かわいくって、思わずゲットしたよ。
復興祈願ムードを後押ししたくて、今はタイトル画像にもしてる。

blogtitle_touhokushien
しばのメロメロの「マイルーム」に垂れ幕を飾って、その画像をキャプチャして、タイトル画像部分の幅と長さに合わせてトリミングして作ったよ。


でも、「メロメロ」たちのキャラクターって、しばの絵じゃないんだよね。。。


なので、「その旨明記」をどこかでしたいなぁ・・・って、これをタイトル画にした途端に思い始めた。



リヴリーも飼ってる(=ブログパーツに貼りつけてあるよ)んだけど、リヴリーでは、リヴリー系素材屋さんから、こんな商標バッジを借りてるの。
リヴリー著作権商標
(2〜3年前に借りたものです)

(現在設置中)

だけど、この商標を借りた素材屋さん、サイト閉鎖しちゃってるんです・・・


東北の復興願って募金して、「ガンバレ、東北」をアピールしてるその裏で、著作権のことを気にしてしまうしば。
いつまでもウジウジしてらんないから、今までにキャプチャしてストックしてたメロメロ画像で、商標バッジを自作しちゃった。


(只今設置中)

調子に乗って、別の柄も作った。
meromero_shouhyou2

meromero_shouhyou3
自分のメロメロの「マイルーム」のキャプチャ画像の色合いを淡くして、文字入れしただけの代物だが・・・

でも、気持ちはスッキリしたよ!

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

[おとぼけ論壇] 学校がドリルやワークブック提出を課す理由

この記事は「子育て」てカテに入れていいのかわからんけど・・・

1人の中学生の母としてと、塾講師のはしくれとしての両方の観点から、私なりの意見を述べたいと思う。

学校のドリルやワーク提出は、社会人になってから、期限・納期を守って与えられた仕事をするための訓練



毎月、or 定期テストの度、 or 毎学期、「提出しなさい」と口を酸っぱく言われる、ドリル や ワーク。
水戸は、小学校がドリルで、中学校がワーク −−− て場合が多いかな。

小学校だと、漢字と計算のドリルは、漢字と計算の月例テストに、ドリルの問題が直接出たりする。
単にドリルをコツコツやるだけでなく、コツコツ学習する習慣ができれば月例テストに役立つ。

中には、ドリルをたっぷりため込んでも月例テストがサクサク解ける子もいるかもしれないが・・・・・・それでも、小学校の先生は、月例テストの得点取るのがイマイチな子でも、ドリルの提出期限を守って腐らずに取り組んでれば、めちゃくちゃに低い評定をつけない(ほうが圧倒的に多い)です。

中学校だと、ドリルがワーク(5教科)になって、定期テストがワークから出たりするのは小学校と似てる。
提出状況が通知表の評定に関わるってとこもおんなじ。
でも、途中でのチェック頻度が減るかな。「定期テストの日に提出」とか・・・その分、コツコツ学習て点では油断が起きやすい。
そして、万一ワーク提出が果たされてない場合、「自動的に評定が1段階ダウン」のペナルティがつく。


んでも・・・学習させる側の心づもりとは裏腹に、提出ブツとか宿題って、学び手の精神状態が、無意識に反映されると思う。

生徒側におっきな悩みとか、学校への不平不満が特にないなら、取り組みの真剣度には差があるにしても、期限だけは守るものだ。
期限を守ってないと、巡り巡って自分が不利になるからね。

逆に、学校に隠れた不平不満が生まれたり、個人的におっきな悩みごとを抱えてしまったりすると、「やらなきゃと、わかっちゃいるけど(それどころじゃない)」的に、宿題や提出ブツができなくなったりする。
何事もなければ、宿題は絶対忘れないような子でも、精神的に落ち込む出来事があると宿題忘れてたりするし。

宿題を忘れてばかり、とか、提出ブツを出さない・・・は、本人が自覚してないかもしれないけど、何かしら背景事由がある。
その正体を、親が、教え手が、子どもと共有してやっと、宿題ができるようになる・・・としばは考える。
だって、ただ口だけで「宿題やった?」 「提出ブツはきちんと出しなさいよ」だけ言っても、自分が疲れない?



塾に勤めるようになってからは、生徒が宿題をしっかりやってくると、「宿題やってくれてありがとう」って、宿題チェックしながら念じるし、学期に1回とか、学年末には、実際言葉にもしてきた。
「宿題を忘れずやってくるってのは、偉業だぞ」って。



だけど、自分ちの子でも、職場の生徒でも、「ど〜〜〜しても気乗りしない」って子ども達には、


学校のドリルやワーク提出は、「気が向かないからやらない」では社会に出てから自分の首を絞めることになる --- のシミュレーションをする場、って考えてみない?


って話すよ。
大学出た後、学校や家庭や会社で紆余曲折してきて感じることだから。





しばは、H23年度は、「”塾の宿題はきちんとやるけど学校のワークからっきし君”の、ワーク提出再開達成を応援したい」って、上司に志願した。
高校入試直後、合格発表直前に、学校のワークが2学期以降からっきしだった事を知り、3月から学校のワーク消化のサポートをしてる。

彼は全く宿題ができない奴じゃないよ。
塾の宿題は、やれるんだもん。

「何で学校のワークに対して気乗りしなくなったのか?」彼自身が理由に気付いて、反省するのを見守って、改善策を一緒に考えて実践していきたいな。


125_41_z_birdsgreen

ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

[復興Vロード] 燃え尽き症候群+震災ボケ=ホムペ執筆?

第一志望校(公立)に受かった教え子と、合格を喜び合う日を思いっきり先延ばしにした、にっくき東日本大震災。

職場も今回の震災でかなりやられたんで、入試終了後の「燃え尽き感」と被災でのいろんな喪失感が重なって、しばは子ども達にも「ニート?」って言われるくらいにどこかホケランとしてた。

今日から仕事なんだが、仕事モードへの切り替え状況は、「ギリギリセーフ」て感じかな。普段なら絶対無理なホムペいじりをガンガンやったのが、ある意味「震災休暇みやげ」。


震災から1週間、まったく英語が手につかなかった。
そんな中で見つけた、iKnow!からのお叱りメール。
oshikarimail110318
3/18(金)にこのメール見つけた時、天の声が聞こえたの。

英語の勉強をしないことを、被災のせいにしてはいけないよ。
英語の勉強をするかしないかは、しばの態度の問題


しば、その時、英語の勉強意欲をそぐ原因が、「意識化できなかったいろんな気持ちで、脳内が煮詰まってるからだ」って気付いた。
それで、英語の勉強に飽きると、ホムペいじりをしてみた。
homupe201103

こんなあいさつ文を書いた。

しばんちのある水戸が、震災を受けました。
2009年のリニュの時に「ごあいさつ」に書いた、「いつどこでどうなるかわからない激動時代」が、本当にやってきたんだな・・・と感じています。

今回の地震は、今までの生き方・暮らし方そのものを根本から見直すきっかけを、私たちに与えてくれました。
これまで親やその上の世代から、「伝統」として教えられ、脈々と受け継がれてきた物事に対しても、「おい、ホントにそれでいいのか?」と、背後から呼び止めるみたいな勢いで、脳裏に鳴り響く何者かの声。

その激動時代を、よりよい方向に動かすために、私たちは何をしたらいいだろう?

え、そんなの、コレだって決められないさ。
ただ、確かなのは、

(1)一人ひとりが、自分のできることを着実にこなすこと
(2)「情けは巡り巡って己が為」精神のもとに、各自の自立を保ちつつ助け合うこと


前から気になってた「英語系コンテンツ独立」も、ようやく構想が浮かんで、ホムペの改装に手をつけたよ。
eigodaisukibito2011

ホムペいじりながら、「しばって、いろんなことを悶々と考えちゃう人間だなぁ」って思った。
「考えるな」って言っても無理ぽいから、考えちゃった事はきちんと意識化・言語化していかないと、時々脳内メモリ使用率MAXになって、ホケランとなっちゃう。 ---とはいっても、ホケランタイムを経て言葉や文字にできるようになるんだけどね。

ホケランタイムの中で、「これがしばのしごと(a reason for being)」て気付かせてくれる一言を見つけたよ。
この一言を脳内再生して、しばはやる気スイッチを入れられる。

(苦境から抜け出したいなら、) 

顔 上げて

具体的エピソードは「続き」にて。




125_41_z_birdsgreen

ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン







続きを読む
posted by しば at 08:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

[かかってこい!数学(7)] 正弦定理

忘れてしまった高校の数学を復習する本―高校数学ってこんなにやさしかった!?
忘れてしまった高校の数学を復習する本―高校数学ってこんなにやさしかった!?
クチコミを見る

三角形 ABC において、辺 BC, CA, AB の長さをそれぞれ a, b, c 、外接円の半径を R とし、∠A=A, ∠B=B, ∠C=Cとすると、
 {a \over {\sin A}} = {b \over {\sin B}} = {c \over {\sin C}} = 2R


娘1: 数学のレポートが終わンねぇんだよぉ〜〜(@_@;)教えてくれよぉ!!!!!
母: 教えてって言ってんだから、教えてあげなさいよ

母は、私よりも数学ができて、散々私に向かって「数学的センスないね」って言っておきながら、決して娘1に数学を教えない。
「だって、娘1はアンタの子どもでしょ?(=私のコじゃないから教える必要なし)」が殺し文句。

私は、「何かの教科を教える為には、自分自身が教えようとするものを正しく処理できなきゃならない」と感じ、まず自分が正しく解けることを確認してからしか、他人には教えられない。
それは、生徒でも、自分ちの子でも同じ。
だから・・・

とりあえず、無言で解き始める。今日は特に憮然として。


だって、娘1の宿題なんだよ。
なぜしばが解く?
なぜ、娘1の宿題に、しばが、当人以上に本気になる必要があるんだ??

娘1が「興味を持てない項目はどぉ〜〜〜〜〜〜〜しても処理できない」特性を持ってて、でもやらなきゃならん時は、別のモンが黒子になって一心同体化して、彼女のできない部分を補わんとならん、とでも言うのか???



球面上の三角形 ABC において、弧 BC, CA, AB の長さを球の半径で割ったものをそれぞれ a, b, c とし、∠A=A, ∠B=B, ∠C=Cとすると、
 {{\sin a} \over {\sin A}} = {{\sin b} \over {\sin B}} = {{\sin c} \over {\sin C}}

が成り立つ。


自分自身でさえも、公式の書いたページを見て、文章題に書かれた数値を代入していくのがやっとこだ。
円周角上の正弦定理だって、a-ha!って思えるくらいしっかりとは理解してない、球面上の三角形上の何とか・・・・・て見聞きした時点で、悪いけどアウトだ。

自分とて、高校時代は数学苦手だったから、受験する時は英語系の私大に絞って、大学入試数学から逃げた。
そんなもんで、「人に教える以前」の部分ができてない。

円周角の定理だって、今から学び直ししてるとこだし、三平方の定理は、もう死んでる(-_-;)
中学数学の土台が欠陥だらけな中での、「その上」の学習項目は、正直つらい。
苦手教科を「わかんねぇよぉ〜〜〜」ってぼやきながらがんばってる生徒たちは、こんな気持ちで問題解いてるのだろうか。

高校数学を解く度に思う。


「自分の課題は、自分の問題でしょ?」て、娘1を突き放していいのか(突き放しなさい、とドクターには言われている)。

あるいは、娘1は「興味ないことは脳が一切受け付けない」特性を持ってて、興味ないことをどうしてもしなければいけない時は、違う個体の者が一心同体化して支える必要がある種の人間なのか?


「宿題教えろ〜〜おらぁ〜〜〜」と娘1がガン飛ばすのを聞く度に、しばの心には10ンメートルの大津波がやってくる。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン


posted by しば at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Mathematics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[復興Vロード・英語特化編] 画像1枚につき100万語分語るのだぁ?(ムリ)

1000hquest_10h

1000時間クエストで、意地を見せたくなったの。
通院の交通費計算のために、普段は車で行く病院の最寄りバス停を調べに行ったんだけど、その時に、車内で小一時間CNN EEのバックナンバーCDを流したんだ。
英語の勉強・・・ってよりは、「英語のある環境づくり」だったけど、それでだいぶ弾みがついた。

家族からも離れて、iKnow!やりたい気持ちがむくむく湧いた。
「萌えが足りないぃ」と嘆く娘1の横で、「英語が足りないぃ」と嘆き返すことさえできた。
「(手や脚を)揉んで」と求めてくる彼女に、イマイチ気乗りしない時は「英語が足りたら揉むよ」といなしてケンカも回避。

iknow_checkpoint13

iknow_checkpoint12

画像撮ると、励みになるよ。


画像と言えば・・・こんなのも撮ってるの。
meromero_sedaikoutai8th

これは、8代目メロメロが、「世代交代(=すっかり成長すること)」儀式の時に、これまでにRSS抽出で覚えた言葉を使って書いた手紙なんだ。

「ずっとわすれないでね」なんて書かれちまったもんで、9代目のメロを、”驚きの白さ”なやつにしちゃったよ。。。
ちなみに、名前の由来は、実際にあるうどん屋さん。
近々、食べに行ってみようっと。

ともえ川 [ 和食 ] - Yahoo!グルメ



125_41_z_birdsgreen

ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン


posted by しば at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

[復興Vロード] お叱りメールが来たアルヨ

oshikarimail110318
いやはや、すいませんでした・・・・・

差出人、iKnow!です。

ログインしない日が連続1週間続くと、来るんですよ。。。。。。
すごいですぅ。

メールの日付が3/18(金)だから、起点の日はちょうど震災の日。

ログインできない1週間は、最初の3日間は避難生活で、その後は自宅には帰ったけどバテバテで・・・・・・TOEICが中止になってから、明らかに放心状態で・・・・・

・・・・・と言い訳を並べてみてもむなしく(だけど言い訳は弱音だけど本音でもあるからあえて書いた)、あの未曾有の大地震を全く考慮しないお叱りメールっす。

だけど、しば、これで気合い入ったっす。
英語学習にとっては、被災したことと、勉強できないことは、それぞれ別物だもの。
The giant quake attack is one thing, avoiding my study is quite another.

今日は、普段使わないバス路線の運賃を調べに行ったけど、その時の車の中では、すごい昔(2005年5月!!)のCNN EEのクリップCDを聞いて過ごしたよ。
これで、ながら勉だけど、1時間は英語漬けができた。

英語をガンガンできるようになるのが、しばの心が震災を乗り越えた証。
始めはすごい痛み伴うだろうな。
けど、かつての「普通」、再就職を目指す専業主婦時代は、英語にどっぷりハマってるのが「日常」だったんだもの。”英語のある日々再び”は、できないはずないさ。
ま、被災前とおんなじくしないまでも、おとぼけ英語講師なりの英語のある日常を、ちょっとずつ作っていくよ。

昨夜〜今日未明は、心入れ替えてiKnow!しようとしたが、家のブレーカーが下りてネットがつながらず断念。
でも、日付変わらんうちにやるぞぉ〜〜〜


125_41_z_birdsgreen

ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン


posted by しば at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

[復興Vロード] チャリ通勤に挑む

3月19日(土)


今日から、仕事再開(と、連絡を受けていた)。
---が、実際は、今日から息子の塾再開 で、私の仕事再開は、2営業日分延びた(私の来週の仕事が3/23スタートだから)。

今日は、仕事再開は延びたけど、職場までチャリで走ってみた。
職場までの道中にある息子の塾に、受講推奨のオプション講座に空きがあるか聞きたかったのもある。

チャリ通勤は、「車使用を減らすことを通して、緊急車両や物資輸送車両がスムーズに流れるようになって、復興支援にちょっとは役立つかな?」---が、大義名分。
でもその心は、しばんちの車のガソリン温存。
夫が水戸市外に勤めてるので、夫か私かどちらかの車のガソリンがやばくなったら、もう片方を夫に提供し、ガソリンの少ないほうの車で、しばが非番時に給油旅に出る・・・という車使用シフトだ。

いつもより慎重に荷造りをして、トップスの着替えを詰めて(汗だくのまま授業するのはヤダモンwww)、オプション講座の申込書を持って、車で出社する時よりも1時間早く家を出た。

家を出た時から、ひそかに計時はじめ。

チェックポイントは、

(1)自転車だと、職場まで何分かかるだろう?
(2)職場まで一番楽に行くには、どの道を通ったらいいだろう?
(3)チャリ通勤は、果たして習慣化させられそうか?


まずは、息子の通う塾を目指す。
息子の塾までは、所要時間10分。
途中、給油渋滞地点が2か所はあった。うち1か所は、品切れしてしまったのに並び続けてる列。スタッフが「品切れです」って書いた紙を持って最後尾の車に頭を下げたり、並ぶのをやめるよう促してた。

息子の塾でオプション講座の申し込みをし、その後、職場を目指す。
車でしょっちゅう走ってる道も、自転車で走ると違う感じがする。
車にとって走りやすい道順と、自転車にとって走りやすい道順は、明らかに違う。
自転車で走ってみると、しばの職場までの道は、行きはゆるいけど長い上り坂が多い事が、改めてわかった。
外装6段変速の旧娘1車(自転車です)を以てしても、途中で降りてしまった。

息子の塾から職場までが、ちょうど30分。
家から途中どこにも寄らないで職場まで行くには、ルートにもよるが、平均40分。いや、順調なら40分かな。

帰り道は・・・行きに上った道を下るから、自転車で走るのは楽なんだが、行き程時間に追われない分、そして「最低40分はかかる」とわかってしまってることもあって、途中で休憩したくなった。
ときたま立ち止まって、給水したくもなった。
行きとは違う道を通りたくもなったり、気ままに走ってみたくもなった。

---結局・・・帰りは、徒然に走ったから45分か50分くらいかかり、おまけけに途中へばって、家の近くのミニストップのイートインで、パンと飲むヨーグルト付きで休憩。
休憩まで含めたら、退社から1時間20分くらいかけて帰宅。


これから先も、給油するたび「旅」する事態が続くなら、いつも車で通勤するという「(これまでの)日常」を、根本的に見直すほうが、ガソリンショックに怯える日々から自分を解放できる。
完全に車なしで・・・は無理でも、「いつも車」→「雨(雪)の日だけ車」なだけでも、
(1)NOx排出量を抑えて地球にやさしい
(2)しばの脂肪燃焼に役立つ
(3)
・・・あれ、(3)は思いつかないや。

まあ、チャリ通勤が定着するかどうかは、来週の天気と、給油がスムーズにできる日々が戻るかと、しばのダイエット欲が決めることだ。



125_41_z_birdsgreen

ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン




posted by しば at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

[復興Vロード] 前例のない卒業式

3月18日(金)


graduation2011

今日は、娘2の卒業式。

私の、小学生ママ卒業式。

1週間前に悪夢の大地震があったけど、その中、あえて、6年生と保護者のみの出席で、決行されたよ。
恒例の、4〜5年生がリコーダー&6重奏オルガンで奏でる「威風堂々」も、吹奏楽部の奏でる「ビリーブ」もなかった。

体育館が、今回の地震でひどくやられて、危険で使えない。
先週末避難して過ごした「多目的ルーム」(普段は、特別活動やPTA向け講習会、吹奏楽部が合奏する時に使ってるの)が会場だ。

娘2世代が、震災に負けず、夢に向かって突き進まんことを願う。

そのために、われら親世代は、ピンチの際にも毅然と、でも遊ぶ時は子ども以上にバカになりきって遊ぶことを誓う。

今年の「卒業の歌」は、「栄光への架け橋」。


お祝いムードでないかもしれないけど、Congrats!!!

posted by しば at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。