英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2011年02月26日

[県立高校入試カウントダウン] 中3授業の締めくくり日

茨城県公立高校入試問題 平成23年度 (2011)
茨城県公立高校入試問題 平成23年度 (2011)
クチコミを見る

高校入試まで、あと5日。

---すべての中3生の授業が終わるのは3/2だけど、集団組は今日が最後なの。

しばが今年度英語を受け持たせてもらったコたちも、今日が最終(中3年次の)なコ3名。(1人は水曜に終了〜〜)

すごく、慌ただしかった。
「とにかく試験本番に即効性ある話をせんと」って焦った。

しばの英語の授業、宿題の基本パターンが単語や熟語や例文、あるいは代名詞や動詞の活用表を覚えてきてテスト・・・なんで、「どS」と呼ばれる(?)のだ。

授業スタート時の”宿題確認テスト”に、みんなよく耐えてくれた。
板書の字が汚くて、説明もかみまくりな授業を、これまで文句垂れずに聞いてくれて、ホントに、ホントに、感謝します。

自分が授業を通してあなた達に教えた事なんて、微々たるもの。
むしろ私が、たくさん、たくさん、学ばせてもらった。
あなた達が、私を育ててくれたよ・・・

あ り が と う ・・・


あぁ、「ありがとう」しか、言葉が浮かばないや。
下手なのは授業だけじゃない、ふだんのしゃべりも下手過ぎ。
「それでも、”ありがとう”って繰り返すよ」じゃあまりにベタ過ぎるから、せめてあなた達の志望校合格を、星に祈る。



125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

しば自身の「不登校」

今日は、メンタルクリニックの診察の日だったの。

出発間際に娘1が「学校まで車出して」がどぉのこうの・・・てスッタモンダあったけど、逃げるようにしてクリニックに行ったよ。
私は、「今日は病院の日だから、どんなに寝坊しても車を出せないよ」って前の日から言ってたのに、うちの恐母が「娘のためなら、自分の病院くらいキャンセルにしなさいよぉ」と横やり入れて・・・

そして、診察の時に


今日は、娘1(と母)から逃げるようにして来ました

---から、ドクターに話し始めたの。そうしたら、ドクター、


今日もし娘1を学校に送っていくから診察をキャンセルしてたとしたら、大変な事になってたよ。あなたの診療打ち切る事を考えかけた

と切り出してきた。


その背景としては、金曜学習会を長欠してることがあったようだ。

昨年9月までは、PTA会合と金曜学習会が重なった時は、学習会に出る為にPTAに「ごめんなさい」をしていたんだけど、他の曜日のPTA会合の時に、自分が学習会に出ている時に他の委員さんが彼女たち自身の時間や家庭の時間を削って委員会の仕事を・・・・・・それも副長の私が出れば円く収まる幹部会(実行委員会、て言います)にまで代理で出てくれることを何度も繰り返し・・・・・そのために本部役員→(正)委員長さんへの何気ない対応が微妙な感じになったのを見てしまったら、だんだん、だんだん、「PTA<学習会な副長ではいけないなぁ」って気持ちが湧き上がってきて・・・

いつの日か、会合のある日は午前で早退するようになり・・・・・・


その一方で、
PTA会合と重ならない日にがんばって学習会に行けば、こんな言葉で娘1になじられる。。。

自分の子どもと学習会とどっちが大事なんだ?
「自立しろ、自立しろ」ってオレには言うくせに、てめぇこそ学習会やらクリニックに依存してんじゃんwww


彼女の言葉、急所に当たったよ・・・

学習会の場では

「そこを振り切って来るのだ。家庭という縛りから自分を解放するために」

---てことがすごく強調されるのだけど、彼女は、ありとあらゆる言葉と手段で私を試しにかかるのだ。
自分を解放もくそもあったもんじゃない。私は、娘1も学習会もどっちも大事だから「じゃあ、一緒についてこい」と言ったこともある。

でも、「どっちも」では満足できないようだ。
そして、いろいろ学ばせてもらった場を「宗教団体」とまで言った。

大切な場を汚されたような気持ちになったよ・・・・・・・

「てめぇこそクリニックや学習会に依存してるじゃん」て言葉は、私の心を激しく揺らした。
彼女からその言葉を聞くのはもういやだ。
聞かないようにするためには、どうしたらいいだろう??

そこで思ったのが・・・

PTA会合とも被る事多いし、期限付きで学習会を休会しよう

---だった。

望まれない行動だってことはわかってる。
でも、とにかく、娘1からのクリニックや学習会への嫌み暴言を封じたかった。
封じるために、10月から学習会を休会して、今月で丸5ヶ月。


こんな背景の中で私が、「今日は逃げるようにして来ました」と言ったもんで、「やる気あんの?」的なドクターの発言となった。
学習会は、PTA会合よりも下なの?優先順位の付け方間違えてるよ」とまで言われた。

PTA=噂/陰口に満ちたもの ってイメージがドクターの中にあるのかどうかは知らんが、少なくとも娘2の小学校のPTAは、純粋に行事の企画運営して、噂する暇すらない。みんな仕事に都合付けて会合出て、正副長以外の委員さんたちまで、率先してプリント作りや講師との折衝をしてくれる。無断欠席がゼロで、人間関係も実に風通しのいい組織なんだ。

それなのに・・・・・・・

今日、これもまた私の大切な場所のPTA委員会を、ドクターに汚されたような気分を味わった。

二度とPTA委員会を悪く言われたくないから、戦略的にドクターにこう返したよ。


あさってから復帰します。もうPTA会合が金曜に入る事はありませんから。



娘1からの学習会を汚す言葉を聞きたくないがために学習会に期限付きで行かない選択をした私が、今度はドクターからPTA委員会を汚す言葉を聞きたくないがために「学習会に戻る」宣言をした。


この翻弄されっぷりは、何なんだろ?????


ドクターに果敢に宣言はしてみたけど、えらく不安だ。
たぶん誰も口聞いてこない、挨拶だけして終わりとか、2人組作る段になっても誰にも組んでもらえない、それでも学習会に行き続ける・・・・・・になるんだろうか?
ま、それは自業自得なんだけどね。

それにしても、「不登校の裏の気持ちを受け止めよ」って教えるメンタルクリニックで、「気持ちはどうあれ行かなければならない場所には行き続けよ」的な教えも同時に受けるとは、微塵も思わなかった。


続きを読む
posted by しば at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

[県立高校入試カウントダウン] その学校を受けるのは、子ども達。おうちの方ではないんです

茨城は、月始めに県立高校の志願倍率が出て、もうあとは本試験を待つのみとなったけど・・・・・・ そんな緊迫した日々の中、しばは、子供の合格を願うあまりの悲劇を、垣間見てしまったよ。 それは・・・(興味ある方はオンマウスして) 教え子の一人が、親に無理やり出願校を変えさせられた 授業時間に知ったの。 その志願先ってのが、当人がかつては「そこは避けたい」と言ってたところ。 ありえない。 志願変更に応じた理由が、また、悲しいほどに健気?で・・・ 親に高校に行かせてもらうんだもん。自分には行く先を選ぶ権利はない

「そりゃねぇよぉ〜〜〜〜」 夢をあきらめざるを得ないような不健全な空気の中、自分の夢を守るために親に抗うエネルギーが湧いてない彼。 しば、すごく煮え切らない気持ちになった。 自分が受けるわけじゃないけど、ショックだった。 しばが、「親に学校に行かせてもらった」と初めて思ったのは、30代になって、3人の子供たちに習い事をさせるようになってからだ。 その言葉を、15のコから聞くなんて・・・
おまえ、なんて優しいんだ・・・ だけど、その優しさは、今だけは、親を立てるほうにむけちゃダメ。
しばは、胸が締め付けられたよ。 そして、彼の両親に、ちょっとモノ申したい。 (申したい事は、「続き」を見てね) にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ にほんブログ村 ninkiblogranking_smaefver blogram投票ボタン 続きを読む
posted by しば at 17:20| Comment(8) | TrackBack(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

but と although の違い

but (しかし) と、although (〜だけれども) って、どう違うの?








唐突に質問系で始めたのには、訳があるの。

場面は、昨日の授業で、宿題チェックをしてた時。

公立高校の入試過去問で、絵、グラフ、表を見ながらパッセージ内の空欄に単語やら語句を穴埋めする問題があるのだが、その中にこんな問題がある。

(コンサートの情報が4件出ている)

(         ) I don't play the piano, I'm interested in the Sky Piano Concert.

選択肢は、Always, Because, Although, But。

全体的に正解率の高めな資料読み取り問題の中では、この問題はムズカシメに思う。
英語苦手組だと、逆説系の文脈だってことは想像できるが、Butを選んで間違うケース多数。


あと2週間以内に迫った県立高校入試を勝ち抜くには、althoughとbutの使い分けよりもっと大事で、かつ少し練習すればもっと確実に得点できる構文、熟語は他にあるんだけど・・・・・・

・・・・・それを理由にスルーして、より効率よく得点するコツの話をするのもありだったかも知れない。

だけど、しばは、確かに生徒から質問受けた。
それも、質問をスルーしたりお茶を濁すと詰め寄ってくるタイプのに・・・

そして、即答できず・・・・・・・・・・・・・

私に調べる時間をもらえるかな?


・・・と、逆に生徒に泣きを入れた。。。。。



反省と自戒を込めて、今、ロイヤル英文法で調べて、メモリます。
ロイヤル英文法―徹底例解
ロイヤル英文法―徹底例解
クチコミを見る

but は、主に等位接続詞(=接続詞の前後の語、句、節が文法上対等な関係)として使われる。対してalthoughは、譲歩を表す従位接続詞(=接続詞付きの節は、接続詞の付いてない節を修飾する)として使われる。



メモリながらも、自分自身が一層訳わからなくなった。



ちなみに、ロイヤル英文法でのalthoughの例文は、こんなんだった。

Although my right arm was broken, I was able to write a short letter.
(私は右腕を折ったけれども、短い手紙なら書くことができた)
右利きの人が右腕を骨折したら字を書くのはおそらく無理だろう・・・でも、短い手紙なら書けた

文法用語は、正直あまりときめかん・・・


125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

続きを読む
posted by しば at 13:07| Comment(2) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

iKnow! での学習ログを、何とかして記録したいのだ!

有料版を無料お試し中な、iKnow!
ディクテーションをしたい時は「トレーニング」てとこをクリック・・・にやり方が変わった。

ディクテの学習履歴は引き継がれなかったけど、1発で全部打てないと正解にカウントされないところは、聞き取り力チェック精度性能は上がったと思う。

ただ、まだ、学習時間記録系のブログパーツが無いのよね。。。。
あれ、結構モチベ上がったんだけど

出てないけど、何とかブログにiKnow!での学習時間を記録できるようにしたいのと、昨日の記事上げた後に「もっと自分用英語がんばれ、自分!!!」て感じによう〜〜〜やく英語熱上がってきたんで、英語学習1000時間クエストに、登録した。

1000時間・・・というと、ア○クの「ヒアリングマラソン」のゴールの時間。
英語に通算1000時間取り組むと、今までとは全然違って聞こえる・・・などとも聞く、ブレイクスルーポイント。

その1000時間を、実感してみたくなったの。

早速、「勉強したらマイページのウォールに書き込めるのかな?」と思って、仕事から帰宅後にハイになってiKnow!にログイン。
「基礎英語 フレーズ編」をやってる途中に、こんなのが出た。
iknow_checkpoint1
うれしくて、画像撮っちゃった。

コレが出るまでやったが、24分ちょっと。

iknow_dicandshadow
「チェックポイント・トレーニング」のSpeakingは、ヘッドセットマイクをつないであれば、自分の英語の音読を録音して、波形図を出して「ネイティヴ的英語」の練習ができるのだ。
---が、しばのヘッドセット、1週間ほど前に、壊れた。
スピーキングは、ヘッドセット買い替えてからやることにしたよ。


学習記録法は、100時間ごとにネット内に報告。
それまでは・・・
10分1マスのサーキット表(紙!!!!!!)の、マスを塗りつぶす。
チマイ
それにしてもこの「紙」、職場に貼ってある、生徒たちの「問題集進度表」と似てるんだな。。。

エクセル版もあるが、PDF(紙出力)推奨だそうだ。
ま、エクセルに打ってホムペに上げる方が見場いいんだけど、紙版をスキャンってのもおもろいかもな。
生徒の立場をリアルに味わうんだもん。
Learning English teacherには、すごく似合ってるぜ。


125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

英語力不問な企業を、金のわらじで探す時代が来るのか???

松下電器(国際広報) 990(満点(・_・))
富士通(海外によく行く部署) 860
日立製作所 650(課長昇格基準)、800(経営幹部候補)
KDDI  800
三菱商事 730(課長昇格基準)、800(社内留学条件)



受け取り方によって、もっとガクブルなのは・・・・・

NEC、横浜ゴム、日本ビクター : 全社員600以上目標
日立製作所 : 総合職2年以内に600以上

詳しくはこちら。

楽天や日産の「社内で英語公用語」以上に怖い、「就職足切り」という名のグローバリゼーションの波。

これから先、冗談抜きで「英語をやってないと正社員になることが難しい時代」が来てしまうのか???


この話を夫(高校教員。TOEIC持ち点610)としたら、

「それって、一部の大企業の話だろ?選ばなきゃ、英語力不問なとこはあるよ」

---と、涼しい返事。


選ばなきゃ?

選ばなきゃ????


これって、もし自分が心惹かれた会社がTOEICスコア提出必須で、だけど自分はTOEICに全く興味なくて受けた事もなくて持ち点0だった場合は、「あ き ら め ろ」 ってこと???

ちなみにしばは、今のTOEIC持ち点(790)ではKDDIは足切りされます。
松下の国際広報は、ありえないっすwww

参考までに、茨城の教員試験系・・・今年の夏は、中/高英語科は、TOEIC860または英検1級を出願時に取得済みだと、専門教養(英語の筆記試験)が免除、TOEIC730または英検準1級以上で、専門教養は受験するがポイントプラス・・・だったようだ(某教育学部4年生談)。

教員試験よりも、企業の英語足切りのほうが厳しいのね・・・
英語教員/講師って、これを闘い抜くに十分なくらい生徒の英語力押し上げなきゃならんのね。。。。

---と、襟を正す。


I don't like English, but I study it hard because I think it is very important.


これ、県立模試の条件作文問題「(選んだ教科)を最も一生懸命勉強する理由を、15〜25語で書け」て問題の某生徒の答案なんだけど、内容に超絶共感して、載せてしまったよ。

「嫌いだけど、大事だから、逃げない」

---たまらん。泣ける

英語嫌いな人の「嫌い」要因を少しでも解消するのが、英語講師の仕事の核心、ってしばは考える。
授業へたくそな分を、自分も生徒と同じ過去問や模試を解いてみる/解いてみせることで、補う。
県立過去問の筆記で満点取れない時があることも、臆せず話す。
注:書き手のホントのココロは、ネ申の味噌汁(@^^)/~~~

3年後、5年後、7年後・・・・TOEICの持ち点で就職足切りされる傾向は、もっともっと強まるんだろうか?
なんか、今の日本、英語に支配されてる気がしてならん。


125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 08:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ★Business☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

アクア(第2期)の最終日

人間って、動物より身勝手だよ。

自分の都合で、かわいがったり放置したりして・・・さ。

水槽いじれないんなら、もうアクアやめろよ。


2年前に、「世話を私に頼んでばかりで、眺めるだけのためのアクアなら、辞めろ」って言って娘1のアクア第1期を強制終了させちゃったしば。

自分の第2期の終わりの頃は、上のような娘1からの言葉が、ボディーブローになった。
上に書いたようなことを言われた3回目に、ようやく水槽を閉める行動を始めたよ。
1回目、2回目の時にすぐ辞められなかったのは、「アクアと英語とを天秤にかけて英語選ぶ、ってくらいでないと今後の自分の英語は伸びない」と思いつつも「たまには水槽いじったり眺めたりしてホッとしたい」って淡い期待があったの。
でも3回目には、しばんち全体がカオスになっちゃったし、息子最大のピンチ中だし、どっちが親でどっちが子供かわかんないけど、なぜだか娘1に共感して、水槽を閉める行動に結びついた。

私がアクアを辞める事は、倹約に励む主婦としてうちの母的に望ましい行動だし、動物愛護って観点でも娘1の希望に沿うものだ。
かつて「辞める時は、自分で決めるよ。そして、手順を踏んで、やめる」って啖呵切った私。

何がその「辞める時」への扉を開いたんだろう????


夏期講習前にコリを手放した時点で、「コリの繁殖と成長を見られたから満足☆」してた・・・のは、確かだ。

満足☆・・・・・・・


響きはいいんだけど、満足してしまってはそれ以上の成長はない、裏を返せばそういうことなのだ。
惹かれる新たな生体や水草に出会う事もなく、蝦の表現を追求したくともスペースが限られていたり、仮に惹かれるものに出会っても、しばんちの身の丈(経済面、水槽置場の面)に合わなかったり・・・・・・の中で「満足」する、ということは・・・・・・

興味・関心の衰退に向かう


aquablog_lastentry

アクア特化ブログも、更新停止を決意。
「無理ない範囲でいいから、続けてこうよ」って声かけてくれたアク友さんたちを、裏切ってしまう結果になって、つらい。
だけど、心惹かれる出会いも突き詰めるトキメキもどっちも許されない環境下で「満足」しながら、現状維持的にアクアを続ける事は、しばにはできないんです。

ブログに決意表明書いて、最後の蝦すくい。
beeshrimp_hansou
枯れてない水草とともに、ショップに搬送。

蝦ちゃんと、いよいよお別れする前に、つぶやいて。
お別れした直後も、つぶやいて。
posted by しば at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

[かかってこい!数学(6)] 最大公約数と最小公倍数

これだけは小5・算数
これだけは小5・算数
クチコミを見る

最大公約数は、分数計算の、答えの約分で欠かせない。

最小公倍数は、分数の足し算や引き算での、通分に欠かせない。


だけど、最大公約数や最小公倍数を手早く求める方法って・・・教科書では説明されてるだろうか?

私は、中1の一番初めの時期に、「縦書き筆算」で(しばはこの名称を知らず、小学5年生(♀)への臨時授業の時に「筆算」と呼んだ)最大公約数と最小公倍数を求める・・・という種の問題が、NHKラジオの数学講座(当時の名称:中学生の勉強室)に出てきたのを、(数学オンチだけど)今でもはっきり覚えてるのだが・・・

果たして、今の小学生は、縦書き筆算を学校で習っているんだろうか????


ちょっと気になったんで、お迎えを待っていた(某公立小の)6年生(♂)に「学校で縦書き筆算習った?」と聞いてみた。
彼によると、「先生が、豆知識的に話した」とのこと。
---なので、勇気が湧いて、授業で縦書き筆算の仕方を扱うことにした。

彼女は、冬休みに、奇数と偶数についてと、「2で割り切れる数の条件」「3で割り切れる数の条件」「5で割り切れる数の条件」を教えたので、縦書き筆算をする時は「偶数だったらまず2を立ててみる」、「奇数だったら3で割り切れる場合は3を立てる」と計算しやすいことはスムーズに理解できた。
ホッ・・・

縦書き筆算に抵抗なくなれば、最大公約数や最小公倍数の苦手克服は目の前だ☆


何だか、今日は算数モードだが・・・・・・自分用の英語はだいじょーぶか?


125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Mathematics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

学校はしんどい、家でも安らげない。だけど勉強はしたい

しばんちのカオス第2期のカウントアップが、5日目になる。
(実際学校に行けてないのは4日)

第1期と第2期の違いは、向学心の高さと、家で安らげる度。
「勉強する意義を感じられない」と、授業をほぼ放棄した娘1とは違い、息子は、勉強して好成績を修めることがアファメーション材料の一つだ。

だからこそ、欠席している日々が、娘1の時以上に時間の浪費に感じてならない。



 早     /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   駄
 .く      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',   目 
 な.     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  だ 
 ん   ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
 と   /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  こ
 か  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   い
 し  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   つ
 な    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   :
 い   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!     :
 と     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
  :      !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
  :        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
         / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

息子は家庭不信も併せて抱えてる。
そして、塾でかろうじて「ガンバル自分」を維持してるのだが(学校は無理でも塾には行けるのだ)、昨日は塾に行くと帰宅拒否症状も呈し始めた。

「駄目だこいつ」の「こいつ」は・・・・息子当人じゃなくて、息子の帰宅拒否症状。
あまり放置すると、周りに迷惑をかけてしまうし、人間関係にも影響が及びかねない。

勉強は好きなんだが、学校も嫌で、家も嫌だ。
ホントに文字通り「早くなんとかしないと」だ。
今のしばんちは、息子にとって危険過ぎる。息子が望むのなら、早急に、安全な場所に避難させたい。



県立高校入試まで3週間を切ってしまった。
県立高校の合格発表の次の日曜に、自分のTOEICがある。

時節柄?、英語の問題演習は、自分の公式ガイド他TOEIC系教材でなく、県立の過去問とか県立想定模試ばかり解いてます。
筆記問題を満点取れない時があって、なんとも情けないが・・・

昨日、高等部に上がる予定の生徒の一部に、3/13 TOEICの事を打ち明けた。
現職場の中3トップなのもあってか、TOEICのこともすでに知ってた。
ベストスコアも教えた。「3/13で更新するぞ」と心に誓いながら。

TOEICの英語と入試英語は質が違うけど・・・でも、そこを何とか両立させていくぞ。



125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

「明るく行こうよ」が、良くも悪くもキーワード!!!

しばんちが、今週からちとカオスになってます

クーデター by 息子

---と呼んでもいいかもしれない。

しばはまた子育てカオス期を生きるわけなんだが・・・何せ、カオス第1期、しばは英語の勉強が中断するほど落ち込んで、消耗して、家に居るのが苦痛になって・・・相談所のカウンセラーさんに「仕事してみませんか?」て言われて、働きに出ることにした時期でもあったんで・・・・・・

「もうカオス期はこりごりだ。」
「カオスの再来にならないように気をつけて子供たちに接しよう」

---と、反省しながら、時には専門家にアドバイス請いながら、子ども達に接してきたけれど・・・・・・・・・

タイプ的には、第1期のとは違うカオスです。
だから、対処法はまたゼロから学び直し。

大人たちは、子ども達がTVやゲームに夢中な間に、カオスについての「大人の話」を始めるの。
特に、恐母は、キャピキャピと・・・・・・
こんな禁句を明るい語調で言うから、ゲンナリする。(下をオンマウスしてみてね)

「明日は、学校に行けるかな?」

他にも、夢見目線しながら、あれこれ聞き出したり、エリート婆友のエリート孫の例として武勇伝を語り始めたりする。
早く話題を切り上げてほしくて、私が抑えたテンションで「ふ〜〜ん」とか「あ、そう」とか、どうしても共感できない時は、「過ぎたタラレバばっか言うな!!!」って怒る。

それで私が「これからわれら大人達に何ができるかや、息子とどう接していくか考えようよ」って言えば・・・

「暗い話はやめて」

とか

「明るく行かなきゃだめでしょ??」

---なんて、私が叱られて終了。


んで!!!
私、この時一気に閃いたんだ。

「明るく行く(ふるまう)」が、しばんちではモットーとしてでなく、「明るくない奴はダメ」という形で愛情を受ける条件としても働いてしまうんだ・・・・・

明るく行かなきゃダメ 
→ 暗い気持ちのメンバーはこの家では歓迎されない
 → 本心と裏腹でも、演技してでも、この家では明るくふるまわなきゃならんのか?!
  → 明るくふるまえるようになるまで、家の外で英気を養おう
    or 今は明るくふるまえないから、家に居たくない。家の外に行こう。
   → [家に留まる者] 家族が揃わない。まとまらない。雰囲気悪くなる。
          [家から離れる者] いつでも無条件に安らげないから、時々家の外に出かけるのだ。 

---て感じに、家族の心がねじれ関係になる。
     
母にたしなめられた時、このループが脳裏にダ〜〜〜っと浮かんで、涙が出た。
夫が空を飛べない時にパーラーに憩いを求める事(失うものも並々ならんのだが)が、このループで腑に落ちるのだ。
夫は職場の愚痴もたれずに、うちでは(パッと見)温厚なお父さんだ。
でも、職場でがんばり、家で明るく温厚でいるために、ジキルとハイドじゃないけど、家でも職場でもない中間地点が必要で、その中間地点の利用経費が、膨大にかかる。


明るい家庭」は、大切だけど、「明るければそれでいい、な家庭」では、しばはどうにも安らげないのだ。
しばが新婚当初目指そうとしたのは、「ホッとできる家庭」。
明るい家庭、ではないんだ。
明るくなれない時でも安らげる家庭だよ。


これからでも、「ホッとできる家庭」目指すよ。
もし今の場所に作れそうになければ、家を出てでも「ホッとできる場所」を作る。
そのために、仕事がんばって、お金貯めるよ。



125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン






posted by しば at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。