英語再学習+ホムペ開始

経過。

中国語再学習

経過。

2010年10月29日

「ライバル」を持つ気持ち

rival を英英辞典で調べてみたよ。

---a person, group or organization that you compete with in sport, business, a fight etc.

訳すと、「スポーツや、仕事や、格闘などで競う個人、グループ、または組織」。

中学生にとっては、2学期中間テストが終わって、ちょっとだけ息つける時間が、今頃なんじゃないかな…と思う。(茨城の3年生は別だけどね、来週県一斉テストがある)

テスト勉強に、日々の勉強に、気合いを入れるために、「この人には負けたくない!!」て人を掲げる人を見かける。
事実私も、中学生時代は、”ライバル(♂)”がいた。
1年の3学期に実力テストの成績表を交換して以来・・・互いの高校入試が終わるまで、学校での試験の度に互いの成績を交換してきた。
勝敗は、素点も偏差値も見せ合ってきたけど、総合は僅差で彼のほうが勝ち越し。内訳は、彼は理数系、私は語学系で分がよかったかな。

だけど、他人をライバルに掲げ続けてると、悲しいかな、いつか限界が来る。
彼と私は、同じ公立高校を第一希望に掲げて受験したんだけど、どちらも受からなかった
行った高校??彼はSK(芝浦工大柏)高校、私はSM(変な意味ではない!!専大松戸ぢゃ)高校に進んだよ。

四半世紀を経て、自分の高校受験を振り返って思うのは・・・

目に映るライバルと競うのは、確かに張り合いあるし、怠け心にモチベを点火するのにはいいんだけど・・・・・・・ライバルに勝つことにある程度以上執着すると、落とし穴がある、 てこと。
どんな事かって言うとね:

・・・・・・自分自身の目標が、ぼやけるの。

ライバルに得点で「勝った、負けた」することは、「自分のがんばりが即目に見える」って安心感があるんだけど、競る事に夢中になると、自分自身に対して掲げたゴールを見失う。

あさって、TOEIC受けに行ってくるけど、大人になってからの英語学習では、目に映るライバルは掲げてない。
最高点の更新だけを目指して受けに行ってる。
あえて、ライバルは誰?って聞かれたら、「過去の自分」って答える。

喘息になったり、いろいろハプニングあって、今週はほとんど自分(専用)の勉強してないんだけど、全く英語の勉強してないわけじゃないんで(県一斉テスト過去問の読解文の訳取りはホントにがんばったぞ♪)、凡ミスをせずに今持てる力を出し切ることに専心するよ。




続きを読む
posted by しば at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇人間関係◆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

茨城県一斉テストの過去問に苦戦(@_@;)

先週末から喘息が始まってしまったよ・・・
天気が崩れたのに乗じて、変な咳が出たり、のどや胸元にものがつかえたような感じがして、苦しい。
昨日なぞ、娘2の電池式吸入器を借りて、気管支拡張剤のアンプルを吸ってみると・・・そのまま布団の上にまっ平ら

---てな具合の大ブレーキ。
TOEICまであと1週間切ってるのに。
準備の最終週なのに、こんなんでいいのか???

おまけに、しばが鋭意取り組み中なのは、TOEIC公式問題集じゃなくて、茨城県一斉テスト(中3生用)の過去問なのだ。。。

oshigotonote

これ、教材研究用のノートの1ページ。
問題用紙をコピーして、読解用の文と、設問とに分けて切り刻み、A4ノートに貼り付けて、空いた所に解説だの語句の解説だの訳文を書き込む。
訳文書く時は、パッセージ内の文1文ずつに("Oh"とか"Wow"などの入った短い文は2文つなげたりする)番号を打ってから和訳を書いてる。

oshigotonote_up
これ、拡大図。
自分用のTOEICや英検の長文は、速読モードで「読むべし、読むべし」なんで、1文ごとに訳を取ったりしない。
逆にお仕事用の教材は、精読モード。
だけどこれが意外とサクサク訳せない
今回など、訳してるうちに「間違い(しばの誤答です)」を発見してしまったよ。
もうガックリだ・・・心からorz

TOEICどころか、高校入試レベルで単純な引っ掛け問題を落としてるヘタレさん・・・・・・・夏の頃の名無しさんじゃないけど、「教える資格あんの?」って言われても文句言えんレベル。

ゆるがぬ英語力つけたいと思ったら、チマイけど、訳取り(=和訳)する場って必要だと思う。
英訳は、語彙問題やる時に部分的にでも一生懸命やるけど、和訳はねぇ・・・英文の文法構造が完璧に頭に入ってないと、ピタッと決まらないんだなこれが。
時間との追っかけっこ的な試験に取り組むことが多いから、ついつい後回しにしちゃう、訳取り。
でも、「自分用だけでは進んでやらないメニューを仕事としてやる」って学習スタイルは、すごく効率いいって思う。

今回の喘息は、診察は受けてある。
吸入ステロイド剤と去痰剤をもらって、早速飲んだり吸ったりしてる。
昨夜は眠くてたまらなかったのに、今夜は上体を起こしてるほうが呼吸が楽。
起座姿勢のほうが楽なのを利用して教材研究進めたんだけど、それを逆に恐母に叱られちまった。

「具合悪いとか言ってて、何なの、この夜ふかしっぷりは?!」

---だってさ。
フツーに眠れたら苦労しないのになぁ。



125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

「気遣い」と「余計なお世話」、そして「思い過ごし」と「温かい無関心」の違い

自分ちの子育てでも、よそんちの子と関わる時でも、このごろはいろいろ気をもむことが多い。

今の仕事してて、10代の子どもが3人いることは、仕事する上で心強い要素だし、専業主婦時代より強く、「子ども達から学ぼう」という気持ちを持つようにもなった。

かつて「付き合いで(母の目を気にしながら)見ていた」アニメの類も、今では「あの時子ども達と一緒にアニメ見ててよかった」って思える。

だけど、効果的な声かけができないことが多いのは、専業主婦時代から変わんない。
「アンタの声かけの仕方が悪いから、娘1や娘2や息子が勉強しないのよ」は、母の常套句。
母の一声で、確かにしばんちの子ども達は、母の指示に従ってきた。
自分はというと・・・母のように自分の一声で子ども達をエリート街道を行くように動かそうと必死になってきた。
2007年秋、娘1が不登校になるまで。

子ども達をやる気にさせる声かけ。
「プラスストローク」というってコトを、昨年から行っているワークショップで学んだ。
そして、それには条件付きのプラスストロークと無条件のそれとがあることも。

子ども達を真にやる気にさせる(ゆくゆくは自立/自律)には、無条件のプラスストロークが必要で、条件付きのばかりでは逆に足かせになること。
私が「母の気遣いが、荷が重い」と感じるのは、母からの声かけに「条件付きな雰囲気」を感じてたからで、また私に連鎖するように、子ども達が「ばあちゃんの気遣いが、かえってうざい」と感じてる。

困ったもんだ。
私は「母のようになるまい」とする。「ばあちゃんとは違う」と子ども達に認められたい。
そんなもんで、娘1に「結局お母さんもばあちゃんも親子だ、おんなじだ」って言われると、めっぽう弱い。

あ〜あ、TOEICまであと10日切ったのに、英語と関係ない案件でウツウツだ。
無理に振り切っても無駄なんで、悪いけど、今日はこの問題を悩んで悩んで悩み切るまで悩みぬく。
今後晴れ晴れと集中して勉強するために。
そして明日、笑顔で出勤できるように。

125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

続きを読む
posted by しば at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

風邪の中、受験票到着。

BlogPaint
あぁ〜〜〜、昨年UPしたTOEIC成績表、名前とか生年月日、受験番号がそのまんまで、かつサムネイル後もちゃんと本名読めるし・・・・・・即行モザイクかけたよ。(もう遅い??)
今度のは、モザイクかけてからUPしようっと!!

以下本題。

おととい夕方から、体に異変。
花粉症ばりの立て続けなくしゃみ、鼻水。
のども痛い。
声も枯れてくる。

いや〜〜な感じがしたんで、夕食後即行で就寝。
昨日の朝は、くしゃみ、鼻水は治まったけど、のど痛いし、案の定微熱。
職場がある学区で風邪が流行りだしたんで、念のため病院にもかかる。

先週土曜の不調者は、腹痛のあいつの他に、のど痛始まったコと箱ティッシュ抱えて授業受けてたコがいたなぁ。。。
私、うつったのかなぁ?
ガクブル

聴診と、のどを見たところでは、ふつうの風邪で、のどの赤みが引いた後の咳ぜんそくに注意・・・とのこと。

今日の朝の読みきかせの欠席届(&読み手交代願い)をして、一生懸命、寝た
今日の授業をどうにか務められるくらいには復調すべく、気合い入れて、寝た
自分用英語を観念して、寝たよ・・・

夕方、トイレに起きたついでにペットボトル飲料を台所から運び込んだ時に、TOEICの受験票が来てたのに気付いた。
公開テストでは初めての、水戸以外の会場での受験。(SWは水戸でやってなかったんで柏に行ったよ)

つくば国際会議場は、自転車で来るのが×で、車(四輪)は、近くの有料駐車場に入れればOK・・・って書いてあった。
常磐大学で受けた時は、受験票には自家用車来場が×って書いてあって、晴れならばこそっと?チャリで行ってたなぁ。
つくば国際会議場だと、どうやって行くのが便利だろうか?
高速乗って自分の車?
それとも、駅南から高速バス??

あ、その前に、散髪して、受験票用の写真撮ろう。
仕事には、どうにか穴開けずに済みそうだ。


125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン
posted by しば at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

英検(3級以上は一次)、お疲れ様!そして、TOEICがんばってくるね

先週の金曜から、「お疲れ様」と声にならぬつぶやきを・・・もとい、念を飛ばす日々を送ってる。(実際声に出してねぎらえるのはおとといだけだったもんね)

英検だもん。

昨日は、本試験だったなぁ。
おととい腹痛を起こしてしまったアイツは、どうしただろうか?

昨日1級を受けたネッ友さんたちの健闘を祈り、ブログめぐりなどすると・・・

「あ〜〜あ、今回も英検から逃げちゃった、チキンだな、自分」
て気持ちと、
「あ〜〜今月も激務だった。英検申し込まないで正解だった」
って気持ちが交錯する。

どちらかがより強いわけでもなく、ちょうどモグラたたきの色違いモグラが顔を出すみたいな感じで、ちらっ、ちらっと・・・

過去問の筆記部門(エッセイ除いて)41問中4問しかできなくってウツウツになって、ひるんで、だけど「逃げて悔み続けても、それ以上正解数上がらないまんまだよ」って天の声が聞こえたりもしたので、「最低限試験は受けないといけないな」と思って、10月は英検からTOEICに転向したのだった。

これから、TOEICと英検とに淡々黙々と同時に取り組んで、「気が付いたら英検1級もTOEIC満点も手にできてたらかっこいいな」・・・て、淡い幻想はなしで、自分自身が受験者になる時と場を作る って意味で受ける。



smaefu_records_101810

でもそれより、大変だぁ〜〜〜
先週1週間ほとんどディクテできずにいたら、Smart.fmのディクテのスキルレベルが、落ちちゃったぁーーー

かなりショック。
また挽回せんと。


125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

今どきの高校受験について想う事

茨城県高校受験案内〈平成23年度用〉
茨城県高校受験案内〈平成23年度用〉
クチコミを見る

しばんちには、高校1年の娘(娘1)と、中学2年の息子がいる。
しばは、今年、仕事で中学3年生と関わることが結構ある。

うちの娘2も、来年から中学生。
息子は、高校受験。
これから、うちの子ども達だけでなく、いろんな子ども達に対して、声かけの時の言葉を慎重に選ばなくちゃいけなくなる。
そんな時、琴線に触れる言葉をできるだけ多く発したいから、自分が次世代に希望する事とか、人生のちょこっと先を行く者として感じた事とかを、目に見える形に整理することを心がける。

昨日は、職場での中3の子ども達との関わりの中で想った事を、英語でつづってみた(Lang-8に下書きした)。
スペルミスや語法ミスなどを編集してから、どこかにUPするね。
このブログには、日本語版を載せたよ。読んでみたい方は「続き」をポチっとしてください。

続きを読む
posted by しば at 13:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

しば、人事は尽くした

9月の声とともに幕を開けた、第2期の英検サポート、昨日までに、人事は尽くした。
人事だけは、尽くした(宿題提示が後手後手になって上司から指導入ったもんで・・・)。

何だかんだ言って、「英検を受ける以上は悔いなく準備して臨みたい」と願う者たちに、空き教室を借りてのリスニングテスト練習で念を送る。
そして「いつもより30分とか、最長1時間以上早く入室」なんて無理なお願いに応えてくれて、ありがとう。
その気概は、きっと天に届くよ。

今週初め、「守犬」にお賽銭上げて願かけしたの。
生まれて初めて、自分以外の人の願い事を祠に念じたよ。


125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン



明日〜来週前半に「(3級は1次試験)お疲れ様」を言ったら、今度は私がガンバル番だ。
コレを超えるために。
1129toeicresult

私のTOEICスコア更新は、八幡様(=水戸八幡宮)にお願いしようかな。

続きを読む
posted by しば at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

[Smart.fm] ディクテーション通算5000文到達の証をば

この日の誓いを、どうにか達成できたよ。
9月中・・・とはいかなかったけど、昨日もあと一歩及ばずで終わったけど、10/12に達成。
今日からまた元気八分(満タンでないとこがミソ)で生徒たちに向かえる。

smaefu_records_101210
スキルレベルが上がんないことには、突っ込まないということで

調子のいい時はスキルレベル「80」を超えるセット(1セット:部分的聞き取り×10問+全文聞き取り×10問。10問は同じ英文が使われる)があるんだけど、ダメな時は60台とか、途中で止む無くログアウト中断してから再開すると50台が出たりするんで、会員登録当初からの平均だと、こんな感じ。

smaefu_dicationlog_112409

あ、「スキルレベル74」の時代のスクリーンショットが出てきた。
iKnowで勉強中の単語・熟語が通算2000語台だから、おそらく昨年に「TOEICスコアアッププロジェクト」やってた頃のだな。

smaefu_records_111609

これは、いつのだろう?
昨年以前だとは思うが、ディクテの聞き込み英文総数2600台でも75が出せてた時があったんだなぁ。
結構マメに聞き込んでたけど、ログインできなくなったのを機にレベルを1つ落としたってことなんだろうな。

iknow_0829_dictation
昨年夏、児童英会話教室に勤め始めて間もない頃のディクテの記録。
これは、ハッキリ覚えてる。
この時は、英語系SNSに英語学習タスクを宣言しながら、メラメラとスマエフしてたなあ。

iKnow学習記録

お、これは非常に見やすい!日付入りだ。
H20???これは、無職時代だ。
「とにかく職種不問で勤めに出なきゃ」て思ってハローワークに通い出した頃のスコアだ。
12月から社員食堂に勤めたのだけど、そこでは試練の日々だった。
家事と英語とに専念してては学べないことをたくさん学んだし、自分自身の能力の限界とか、何をしてる時が一番楽しいかとかを見つめ直せたから、後悔してないよ。


---と、何を書きたくて過去の記録簿の画像を出したのか・・・思い出した。
「ディクテのスキルレベルを1上げるのに、何文の聞き込みが必要か」を割り出そうとしたんだった。
72から74までは、約1000文で1のレベルUPができてる勘定。
でも、74から75までに2000文以上かかってる。
少しの間76を達成できたんだけど、またすぐに落ちちゃうし・・・てことは、今のディクテのレベル「75」が、でで〜〜んとそびえ立ってる壁ってことだな。

越えたいな。
越えてやる!
越える!!!
「壁」の向こうにようやく、英検1級挑戦権。

76より上に定着できるのは、いつだろうなあ。

posted by しば at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

「心のガス欠警告」の覚え書き

先週末、仕事で「燃え尽きた」と感じた。

実は「燃え尽き感」を感じたのは、初めてじゃない。
7月始めと、夏休みのお盆明け頃にも経験してる。

燃え尽きてる時は・・・

とある生徒の顔を見たくなくなる。

タイプ的には、口数少なくて、繊細。
ノンバーバル面で相手の警戒心を解いてからでないと、話を進めにくいとこある。

嫌いとか、苦手だからじゃない。
むしろ、私の方がいろいろ勉強させてもらってるくらい。
「お預かりしてる私の方が、○○さんからたくさん勉強させていただいてます」って親御さんに言いたい、コレホント。

あ〜〜ぁ、生徒たちあっての今の私の仕事なのに、話にならん。


そんな時は・・・

自分用英語に打ち込むに限る!!!

自分用英語の単語やフレーズをガンガンインプットして、同時に心の栄養も注入!!




生徒にやる気・元気を与えるってことは、自分の中の「気」(プラス思考)を分けることだから、自分自身の「気」が少なくなってたら人に与えるどころじゃなくなって、本末転倒。
急な「宿題」のために自分用英語休んで、確かに「宿題」は片付いたけど、心がガス欠にもなった。

自分の心の安定あっての、他人の世話だなぁ。
自分ちの子でも、生徒でも。

昨日から、Smart.fmに復帰で、ディクテは「基礎英語ステップ9」を全部打ち込みして、通算4927文まで引き上げた。
今日で5000文突破させたいな。
そしたらきっと、今週から”とある生徒”とも笑顔で会える。

125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

分詞の形容詞用法と、間接疑問

定期テスト対策これだけは 中3英語 カラー版―参考書+テスト
定期テスト対策これだけは 中3英語 カラー版―参考書+テスト
クチコミを見る
職場近くの中学校の、中3の中間テストの英語の試験範囲に、分詞の形容詞用法と間接疑問文が付け加えられた。

昨年の過去問にはない項目。

今年、これらが中間試験内容に入ったことで、英検直後に中間試験を迎える中3の3級受験者にとっては、最近の3級過去問を見る限りでは、学校で習う文法項目+単語やイディオム補充で、1次試験筆記を7割正解することが夢でなくなることが判明した。

もしかすると、英検受験者の事を考えて昨年より試験範囲を広げたんだろうか?


だけど、授業する側としては、分詞の形容詞用法はともかく(単語の並び方が不定詞の形容詞用法と似てるのだ)、間接疑問は定期試験直前に駆け足で説明するのはつらい。
「疑問詞+主語+動詞(-s形や過去形などは平叙文の語順)って並んだ部分を持つ文を、間接疑問文と言うんだよ」だけでは、説明不足過ぎる。
特に間接疑問の部分が目的節になる(注:「目的節になる」→他動詞の一般動詞の真後ろに来る)場合は、that節の文の構造(I know that S(主語)+V(動詞)〜.)が基本になるのだけど、中3の時点で英語が苦手になってるコはthat節の文構造がすぐに頭に浮かぶとは思えない。
でも試験範囲はカバーしなきゃならん。
悔しいなぁ。歯がゆいなぁ。

やっぱどこかで復習タイムほしい。
一段階前に戻ってから学年相当の内容をやって、高校以降(Yes-No疑問文の間接疑問「if+主語+動詞(平叙文語順)」や選択疑問文の間接疑問「whether+主語+動詞(平叙文語順)A or B」)につなげていきたい。中3時点で英語が苦手でも、大元の基本から掘り起こして語順パターンの似たものをまとめて覚えるようにすれば、高校以降で大学入試時に逆転可能と信じるから。

---そういう私も、34の時に英語を再開してから、「実は中学、高校時代は英語苦手でした」という大人になってから英語学習を開始した方々に、ことごとくTOEICの点や英検1級到達年月で逆転されている。
中学〜大学入試までに、試験の時だけそれなりに得点取って満足するような勉強法をしてきたツケだ。
今、受け持ち生徒向けの(中1もいるよ)教材研究を通して大元の基本を掘り起こし、Smart.fmで語彙の洗い直ししてるとこだ。


125_41_z_birdsgreen
ninkiblogranking_smaefver

blogram投票ボタン

posted by しば at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。